トップページ > IT/WEB系企業への転職 > 【転職体験談】30歳未経験からエンジニアへの転職

【転職体験談】30歳未経験からエンジニアへの転職

code-1076533_640
筆者は今、本記事を執筆いている時点で40歳目前ですが、エンジニアとして仕事をするようになったのは、30歳を超えてからでした。

それまでは、メーカーでWEBマーケティングや統計分析などを主な仕事としておりまして、筆者のこれまでの経験が、他の方の転職の参考になることがあればと思いまして、今回、記事にさせて頂きました。

では、順を追って、説明させていただきたいと思います。

1.転職活動の戦略を立てる

筆者は、エンジニアになる前は、メーカーでマーケティングや統計分析をしていましたが、いつの頃からか、ふつふつとエンジニアになりたいという思いが湧いてきまして、そして、無謀にも30歳を過ぎた頃、一年発起して、エンジニア職に挑戦するという決意を固めました。

しかし、30歳未経験でエンジニアとして雇ってくれるなんていう会社はまずありません。

特に私が目指したのは、WEBのフロントエンジニアだったので、若くもなく、しかも異業種からの転職ということで不利な条件しかないという状況です。

しかし、筆者はここでエンジニアという仕事に就くことに挑戦しないと、このまま一生、エンジニアという仕事をすることができないと思い、まず、転職を成功させるための戦略を立てることにしました。

そして、じっくりと考えた末に辿り着いた戦略の第一歩が徹底的に転職サイトを調べ上げるということ。

なぜ、そんなことをしようと思ったのか?

まず一つ目は、ウェブ・エンジニアとして、どんな人材が求められているのか?という情報を徹底的に集めるため。

そして、もう一つは、エンジニアの採用を考えている企業が、次にどんな領域に投資をしようと考えているのかを調べるためでした。

企業が人材を募集するときには、大きく分けて2つの目的があります。

それは、現在売り上げも利益も上げている仕事に対して必要な人材を集めること、もう一つは、売り上げも利益もまだ出ていない先行投資といわれる分野での人材募集です。

筆者が特に知りたかったのは、後者です。

今、売り上げも利益も上げている業務に対しての必要な人材については、今から勉強しても差別化は難しいが、これから伸びそうな領域に賭けるのであれば、もしかしてチャンスがあるかもしれないという風に考えたのです。

当時は、まだまだウェブのフロントエンジニアの業務はHTMLやCSSのコーディングが中心でしたが、遅かれ早かれ、それだけでは差別化できないと思いまして、HTMLやCSS以外で、これから需要が高まりそうなプログラミングに挑戦することを考えたのです。

今、振り返っても無謀すぎる戦略です(笑)

2.自分のセールスポイントを作る

そして、筆者がその当時調べた限りで自分が差別化できて、今後も需要があると判断したのが、javascriptでした。

HTMLやCSS、PHPはwordpressで作った自分のサイトなどを通じて、それなりに触ったことがあったのですが、それだけではフロントエンジニアとしては、高い年齢や業界未経験の不利をカバーすることはできません。

そこで、自分で集めた採用情報の中から、フロントエンジニアとしてJSの需要は今後、ますます増えそうだということを信じて、それからJSの学習に集中することにしました。

ただ、JSはHTMLやCSSとは異なり、自分でコードを書くというのは、かなりハードルが高いこともあり、なかなか身に付きません・・・。

文法を勉強して、Jqueryから勉強になりそうなサンプルを拾ってきて、自分でコードを書いても、うまくいかない・・・そんなことを繰り返していました。

そうこうしているうちにも、淡々と月日は流れていってしまいます・・・。

日々、悪戦苦闘しながらJSに慣れていくと次第に、簡単なものであれば、徐々に自分でプログラムが書けるようになってきましたが・・・一向に、仕事で使えるレベルには遠く及びません・・。

ただ、これ以上、JSを習得することに時間をかけて、転職を先に延ばすことは難しいと考えて、職務経歴書には、JSについては初級レベルという記載にとどめて、転職活動を開始することにしました。

3.書類審査で落ちまくる・・

戦略を立てて、いよいよ転職活動をはじめたものの・・・(転職活動はある意味予想通り)、書類審査で落ちまくるという状況に・・・。

中には、面接に呼んでもらえる会社もありましたが、未経験ということで、1次面接で断られることがほとんど・・。

「やっぱりHTMLとCSS、JS初級レベルでは、この年齢で異業種からだと厳しいよね・・・」と心の中で自分でもかなり自信を失いかけていたときに、その後、嘘のような快進撃がはじまる”きっかけ”になることが起こります。

それは、ある転職エージェントで知り合ったキャリアアドバイザーさんとの何気ない会話でした。

「〇〇さん、ウェブのフロントエンジニアになりたいということで応募してますが、正直、このまま続けてもいい結果に繋がる可能性は低いかもしれませんね・・・仮に決まってもかなり条件が悪くなると思いますよ・・・」

「そこで、提案なんですけど、ウェブのフロントエンジニアではなく、データ分析のエンジニアとして、もっとアピールしてみたら、どうですか?」

確かに筆者は統計学を使ったデータ分析については、それなりに自信はありましたが、そんなエンジニアの需要があるなんていうことは、当時、自分が転職サイトを探した限りでは見つかりませんでしたので、キャリアアドバイザーさんにそう言われても、半信半疑でした。

(それもそのはずで、当時の筆者はウェブのフロントエンジニアしか調べていなかったのです・・・)

しかし、現状のままでは、どう考えても念願であるエンジニアには転職できそうもない・・練りに練ったつもりの転職活動前の戦略も風前の灯でした。

そこで、そのキャリアアドバイザーさんの提案を参考に、それまでの方針を思い切って転換して、職務経歴書に手を入れ、データ分析のエンジニアとして挑戦することに決めたのです。

それから、数日、経った頃・・。

キャリアアドバイザーさんから、「〇〇さん、データ分析のエンジニアとして面接を受けてみませんか?」という電話が入ったのです。

もちろん、後がない筆者は二つ返事でOK。

どんな企業か聞いてみると、外資系のベンチャーでこれから、日本法人の業績を伸ばすにあたって、データ分析のためのエンジニアを探しているとのこと。

面接では、重回帰分析やロジスティック回帰分析、ベイズ推定、エクセルのマクロ、Rなどを中心に、筆者がこれまでの業務で行ったデータ分析と実績などを説明しました。

そして、結果は、1次面接通過。

また、ときを同じくして、別の転職エージェントからも、データ分析のエンジニアを探しているという一部上場のグループ企業から面接の依頼が届きました。

そして、その会社の面接も突破。

その後も、それまでの大苦戦がまるで嘘のように、転職活動がとんとん拍子に進みはじめたのです。

そして、転職活動を開始して5ヶ月が経過した頃・・ついに、30代未経験からエンジニアに転職しようと考えた無謀な筆者にも内定が出たのです!

それも幸運なことに2社からも内定が頂けたのです。

内定の決め手となったのは、統計的ななデータ分析だったのですが、それに加えて、HTMLやCSS、そしてJSといったウェブの知識があるというところが、最終的には他の応募者との差別化になったとのことでした。

HTMLやCSS、JSについては実際には手を動かさなくてもいいが、知識としてはあった方が望ましいというのが企業側の要望で、もがき苦しんだJSがこんなところで活きてくるとは予想外でした。

まとめ

「【転職体験談】30歳未経験からエンジニアへの転職」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

自分の見通しの甘さは、今考えてもめちゃくちゃ恥ずかしいですが(笑)、筆者の場合、統計学というセールスポイントが偶然にもあったこと、そして、それをセールスポイントにすることを進言してくれたキャリアアドバイザーと出会えたことが、30歳未経験からエンジニアとして転職できるという結果に繋げることができた大きな要因でした。

筆者が統計学を好んで利用していたことは、偶然に過ぎませんが、今回の記事を通じて、読者の方にお伝えできることがあるとすれば、未経験の異業種に挑戦するということはハードルが高いこと、もし、そのハードルを越えてでも転職を志すのであれば、これまでの自分のキャリアなども含めて、自分ならではのアピールできる材料が欲しいということです。

また、未経験の場合は、業界に明るい転職エージェントなどの協力は欠かせないかと思います。(異業種への転職の場合、指南役がいるのといないのでは、転職活動への取り組み方がかなり異なるはずです)

今回の記事が、これから、エンジニアを志すという人にとって少しでも参考になれば、幸いです。

転職エージェント人気ランキング

東証一部上場企業からベンチャー企業まで数社に転職。

過去、1回の転職活動につき、登録した転職エージェントは少なくとも3~5社、それでも簡単に決まった転職活動は一度もありませんでした。

これまでの転職活動が失敗しなかった理由は、転職エージェント各社が抱えている独占案件でした。

会社名特徴
リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
DODA知名度・実績は業界トップクラス
レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
転職サイト@type年収アップの転職に強み
パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
BIZREACH(ビズリーチ)年収600万円以上の方であれば必見
JAC リクルートメント外資系からエンジニア、ハイスペック求人に強い
ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
アクシスコンサルティングコンサルティング業界に強いパイプ
マイコミエージェントITブランド力で非公開求人を多数抱える
アデコ中小企業から大企業まで
WANTEDLY運命のチームやシゴトに出会える?!

スポンサーリンク