トップページ > 仕事・キャリア・スキル > 仕事が忙しすぎるので辞めたい!と思ったときに考えたいこと5つ

仕事が忙しすぎるので辞めたい!と思ったときに考えたいこと5つ

仕事が忙しすぎるので辞めたい!と思ったときに考えたいこと5つ

あまりにも忙しいことを目が回るような忙しさという例えがありますが、目が回るどころか仕事が忙しすぎるので辞めたい!と叫びたくなるほど、仕事が忙しいという経験をお持ちのビジネスパーソンも少なくないのではないでしょうか。

そこで、今回は「仕事が忙しすぎるので辞めたい!と思った時に考えたいこと5つ」と題して記事をお送りしたいと思います。

では、早速、見ていきましょう。

1.転職活動は辞めてからではなく、在職中に

これまで転職をしたことがある人はお分かりだと思いますが、転職活動を会社を辞めてからしようというのは、非常に良くない発想です。

「忙しすぎて転職活動どころじゃないから、とにかく辞めてから、ちゃんと転職活動をしたい」という気持ちはわかりますが、採用側の立場からすると、失職期間についての印象は決してよくありません。

「前職で揉めて辞めたんじゃないのか?」

「失職期間があるのは、なにか原因があるのか?」

これまで筆者は採用側に何度もいましたが、辞めてから転職活動をした人は、それだけで不信感を持たれてしまいがちです。

また、失職期間中に仕事が決まるだろうと安心していて、上記の理由などから、転職活動が思ったようにいかないと精神的にもかなり焦りも出てきます。

さらに、失職期間が長くなると、社会人としての緊張感が徐々に薄れてきてしまって、面接などでも予想以上に苦戦したりすることも少なくありません。

その上、社会保険料や年金、住民税などは、会社に勤めていた時には源泉徴収されていて気づきにくいですが、会社を辞めた時からは自分で支払うことになり、その支払いも生活に影響を与えてきますので、注意が必要です。

以上の理由から、どんなに忙しすぎて辞めたい!と思っても、転職活動は在職中にすることをオススメします。

2.転職することは決して悪いことではない

仕事が忙しすぎるので、辞めたいということについては、そもそも筆者は反対ではありません。

忙しいのは悪いことではありませんが、忙しすぎて体や心にストレスを与えて、調子が悪くなってしまったり、恋人や家族との時間を犠牲にしてまで、仕事をしすぎるというのは、一時的なケースは別として、積極的には賛成しかねます。

そういった風に考えますと、転職をする理由として、仕事が忙しすぎるといった理由は全然悪くありませんし、むしろ、転職をおすすめしたいぐらいです。

ただし、次の職場も忙しすぎる職場でないという保証はどこにもありませんので、今いる職場で、なぜ、こんなに忙しすぎる状態になってしまったのか?という分析はしておいた方がいいと思います。

実際、筆者は前の職場が忙しすぎるという理由で転職した人や転職してきた人を何人か見てきましたが、次の職場でも、数年のうちに再び忙しすぎる状態になっているというのを何度も目にしてきました。

ある程度はそういうものだと受け入れる必要があるのかもしれませんが、同じことを繰り返さないためには、これまでの分析も必要になるかと思います。

3.自分の仕事を見直してみる

忙しすぎるので辞めたい!と思ったときに、辞める前にやってみて欲しいことが自分の仕事を見つめ直してみるということです。

例えば、

〇自分以外の誰がやっても同じ結果になるような仕事はないか?・・・社内の他のメンバーにお願いする

〇優先度の低い仕事に時間を思ったより割いていないか?・・・完璧にこなす必要はない

〇社内の他のメンバーだけでなく、外部の会社の力は借りることができないか?・・・クラウドを利用した外注

などなど、視野を少し広げたり、見方を考えてみると、自分以外の人で代替可能な仕事が意外に見つかったりすることもあります。

真面目な人は、任された仕事に対して責任を感じて、きっちりと”自分で”やりきろうと思ってしまいがちですが、周囲の力や外部の力を借りながら、効率よく仕事をするというのも大事なスキルに他なりません。

忙しすぎるので辞めたい!と思ったときこそ、自分の仕事を見つめ直すチャンスだと考えてみるのもいいと思います。

4.上司や同僚に相談してみる

忙しすぎるので辞めたい!と思ったときに、転職活動をはじめるというのも悪くありませんが、まずは上司や同僚に相談してみるのも一つの手です。

誰にでも気軽に相談できないことかもしれませんが、信頼できる上司であれば、きっと親身になって聞いてくれることでしょう。

そして、上手くいけば、仕事を他の人に割り振ってくれたり、また新しい採用を進めてくれたり、非効率的な運営体制を見直してくれる可能性もあります。

上司に話してみて、それでも全く改善される見込みがないというときは、真剣に転職活動の準備をした方がいいでしょう。

5.忙しすぎる状態がこのまま続きそうかどうかを予想してみる

あまりに忙しすぎる状態が続くと、そこに気を取られてしまい、まるでそれがこの先もずっと続くのでは?と思ってしまうことがあります。

しかし、忙しすぎるので辞めたい!と思ったときが、後で振り返ってみると忙しさのピークだったということは決して珍しいことではありません。

可能であれば、社内の同僚などに相談もかねて、現在の忙しすぎる状態がどこまで続きそうなのかという感触を探ってみるのもいいかもしれません。

これは当分続きそうだと思い、このままでは自分の体や心が持たないかも・・と思った時は、転職活動をはじめることを真剣に検討してみましょう。

転職エージェント人気ランキング

東証一部上場企業からベンチャー企業まで数社に転職。

過去、1回の転職活動につき、登録した転職エージェントは少なくとも3~5社、それでも簡単に決まった転職活動は一度もありませんでした。

これまでの転職活動が失敗しなかった理由は、転職エージェント各社が抱えている独占案件でした。

 会社名特徴
1リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
2DODA知名度・実績は業界トップクラス
5レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
4転職サイト@type年収アップの転職に強み
13ものづくりエンジニアものづくりエンジニア転職"No.1"
3JAC リクルートメント外資系からエンジニア、ハイスペック求人に強い
12アクシスコンサルティングコンサルティング業界に強いパイプ
9パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
10Switch.Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト
6ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
7マイコミエージェントITブランド力で非公開求人を多数抱える
8GreenIT/Web業界の求人に特化
15アデコ中小企業から大企業まで
11WANTEDLY運命のチームやシゴトに出会える?!
14paizaIT/WEBエンジニア、プログラマ求人に特化

スポンサーリンク