トップページ > 転職・キャリアチェンジ > 転職する勇気が出ない人に贈る言葉5選

転職する勇気が出ない人に贈る言葉5選

転職する勇気が出ない人に贈る言葉5選

転職をするというということは、特にはじめての人にとっては、とても勇気のいることです。

しかし、今、あなたがこうしてこの文章を読んでいるということは、もう実は、心は決まっているはずです。

そこで、今回は、心では転職を決めているのだけど、どうしてもあと一歩が踏み出せない、転職する勇気が出ないという人のために、応援の意味を込めて、当サイトから勇気が出る言葉を贈りたいと思います。

1.泣いても笑っても、人生は一度きり

転職することを一度は決めて、そして迷い、やっぱり転職しょうと再び決心して、そしてまた悩む・・そんな経験はどんな人にもあります。

そして、どちらの選択をするにしても、転職するのが良かったのか、今の職場に残るのが良かったのか、それを判断するには、かなり長い時間が必要になります。

仮に転職を選んだ場合、転職したものの、新しい転職先で、会社に馴染めなかったり、収入が減ったり、思っていた仕事と違ったりすることもあるかもしれません。

また、会社に残るという決断をした場合でも、相変わらず上司との関係が上手くいかなかったり、ストレスを溜めながら仕事をこなしたり、仕事にやりがいを感じられなかったりということもあるかもしれません。

ただ、転職を選ばなかった場合、「行動しなかった」という後悔は、この先もずっと、心のどこかで燻り続けることになるでしょう。

山本周五郎はかつて、「人間の価値は何を為したかじゃない、何を為そうとしたかである」と語っていますが、行動するべきときに、行動を起こさなければ、為そうとすることも為すことができません。

泣いても、笑っても人生はたった一度きりです。

勇気をもって、一歩を踏み出して、そして失敗だと思えば、また、その時に次を考えればいいだけです。

2.ネガティブ思考に屈しない

アメリカの最も偉大な大統領で1位に選ばれることも多い、第14代アメリカ大統領のリンカーンの人生は、苦難の連続です。

妻に先立たれ、選挙には何度も落選し、大統領になれたのは、なんと、52歳のときでした。

まず、大統領になる前に、選挙にも当選することができずに、国会議員にすらなれない日々を長く続けていました。

しかし、決してあきらめることなく、晩年になって、ようやく国会議員に当選して、大統領になりました。

リンカーンは名言を数多く残しているのですが、そのうちの一つを紹介します。

「打ち負かされたまま、立ち上がろうとせずにいることが恥ずべき事なのである」

これほど、勇気づけられる言葉があるでしょうか。

転職を心で決めてはいるものの、

「やっぱり自分には無理なんじゃ・・」

「転職して失敗したらどうしよう・・・」

「今の職場の方がまだマシだったら、どうしよう・・」

そんなネガティブな思考には決して、屈しないでください。

そして、もしあなたが今の職場で辛い思いを抱えているのであれば、是非、勇気をもって立ち上がって欲しいと思います。

そうすれば、自分の意志で、自分の決断で自分の未来を切り開くことができるのですから。

3.自分を信じてやり遂げろ!

転職の勇気が出ないという人の中には、自分の力を信じることができないという人もいるかもしれません。

しかし、自分を信じて挑戦を続けることの偉大さは、どれだけ言葉にしても足りないくらいです。

その最たる例として、50歳を超えてからはじめたマクドナルドを世界的なチェーン店にまで推し進めたレイ・クロックがいます。

彼は、50歳になるまでにピアノ弾きから、ミキサーの販売、紙コップの販売などの職を転々としていましたが、強い信念と継続力で、最終的には大成功をおさめます。

下は、レイ・クロックの数多くある名言の中でも、大変な勇気をもらえる名言中の名言です。

「やり遂げろ!この世界で継続ほど価値のあるものはない。才能は違う。才能があっても失敗している人はたくさんいる。天才も違う。恵まれなかった天才はことわざになるほどこの世界にいる。教育も違う。世界には教育を受けた落伍者があふれている。信念と継続だけが全能である。」

転職をすることは、自分の人生を自分で切り開くための手段の一つです。

仮に、転職する目的すらはっきりしていなくとも、最終的に、自分の信念を強く心に持ち、そして、行動を続ければ、いずれ自分が思っていた通りの人生に近づけるはずです。

4.ハングリーであれ、分別くさくなるな!

社会に出て、社会人としての自分に慣れてくると、段々と自分や社会に対して、マンネリのような”慣れ”が出てきてしまいがちです。

それは、自宅と会社の往復という惰性の中に、どっぷりとはまって、生きてしまうからです。

しかし、本当にそれは、自分が望んだ人生だったのでしょうか?

何かにチャレンジして、心を燃やし、全身全霊を傾けて取り組みたいという心が、どこかにあるのではないでしょうか?

今は亡き、アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズは語っています。

「ハングリーであれ、分別くさくなるな」

惰性の中に生きて、「人生って、こんなもんかな・・・」と自分や社会に対して、分かったような態度で人生を過ごすのは、もうやめましょう。

5.人生というバスは、決して乗り遅れるということはない

今、転職の勇気が出ないという人の中には、年齢を考えて躊躇している人もいるかもしれません。

30代、40代、50代と年齢を重ねると転職が厳しくなるのは、確かに事実です。

しかし、年齢を理由に転職をあきらめるのは、非常にもったいないことです。

かつてアメリカの発明王とよばれた、トーマス・エジソンは、小学校中退、耳は難聴というハンデを抱えながら、科学者として、発明者として、歴史に名を刻んだ伝説の人物です。

彼は、生涯を通じて、1,300もの発明をしたといわれていますが、彼の人生も決して平坦なものではありませんでした。

破産寸前に陥ったことは数度に至るばかりか、さらに、発明をする研究所がなくなる火事に遭ったり(しかも、60歳を超えてから!)、あるいは、発明の訴訟で揉めたりということも度々ありました。

しかし、彼はどんなときも常に前向きで、「失敗は成功の母である」という自らの考えのもと、決して物事に対して、真剣に取り組むということをやめませんでした。

その姿勢は、死ぬ直前まで続き、なんと80歳を超えて、そのときには彼にとっては未知の領域だった植物学を学び始め、そして、なんとその結果、当時、アメリカが不足していたゴムの原料を見つけ出してしまうのです。

彼の物事への取り組み方は、常人にはなかなかマネができないですが、彼の物事への真剣に取り組む姿勢は大いに学ぶことができます。

そして、転職に勇気を持てないという人にとっても、彼の真剣に物事に取り組む姿勢、そして、幾つになってもあきらめないという姿勢は、大変な勇気を与えてくれます。

人生というバスは、決して乗り遅れることがありません。

行動を起こして、あきらめなければ、必ずチャンスは巡ってきます。

転職エージェント人気ランキング

東証一部上場企業からベンチャー企業まで数社に転職。

過去、1回の転職活動につき、登録した転職エージェントは少なくとも3~5社、それでも簡単に決まった転職活動は一度もありませんでした。

これまでの転職活動が失敗しなかった理由は、転職エージェント各社が抱えている独占案件でした。

 会社名特徴
1リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
2DODA知名度・実績は業界トップクラス
5レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
4転職サイト@type年収アップの転職に強み
13ものづくりエンジニアものづくりエンジニア転職"No.1"
3JAC リクルートメント外資系からエンジニア、ハイスペック求人に強い
12アクシスコンサルティングコンサルティング業界に強いパイプ
9パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
10Switch.Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト
6ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
7マイコミエージェントITブランド力で非公開求人を多数抱える
8GreenIT/Web業界の求人に特化
15アデコ中小企業から大企業まで
11WANTEDLY運命のチームやシゴトに出会える?!
14paizaIT/WEBエンジニア、プログラマ求人に特化

スポンサーリンク