トップページ > 1次面接~最終面接 > 短期決戦を制す!転職活動での最終面接の対策と心得

短期決戦を制す!転職活動での最終面接の対策と心得

短期決戦を制す!転職活動での最終面接の対策と心得

転職活動での天王山であり、最後の砦となる「最終面接」

今回は、最終面接について、その対策と心得について説明していきたいと思います。

早速、見ていきましょう。

最終面接こそ自然体が大事

最終面接に出てくるのは、一般的に役員レベルの経営幹部か、あるいはその会社のトップである経営者というケースがほとんどで、大企業でも、最終面接は、どんなに忙しい会社でも事業の責任者である部長クラスが出てくることがほとんどです。

そして、まず理解しておく必要があるのは、そうした会社の経営陣や事業の責任者に相当する人たちの前では(全ての人がそうではありませんが)、小手先のテクニックや、その場しのぎのトーク、マニュアルから借りてきたような言葉は見破られることが多いということです。

お世辞にも人を見抜く目がありそうにないように見えても、企業経営者に近しいポジションにいる人は、人間の心の機微に敏感な人が多く、また、それと気づかれないように他人を観察する鋭い洞察力を備えていると考えて、ほぼ間違いありません。

つまり、最終面接では、中途半端に自分を良くみせるためにいつもと違う自分を”装う”と、かえって逆効果になりかねないということです。

最終面接では、ビジネスパーソンとしての自分の価値と人間性をきっちりと直視し、偽らざる本心から、自分の仕事の考え方やキャリアについての哲学などを、なるべく自然体で語りましょう。

最終面接で質問される内容とは?

中途入社してくる転職者に対して、最終面接で見られるポイントは、その人の年齢や会社が置かれている状況、採用を最終的に判断する裁量権のある人の価値観などに左右されるため、どのポイントが重視されるかというのは、企業のIRや最終面接に至るまでの面接、本番当日の最終面接内で判断するしかありません。

以下に、最終面接で転職者のどこを見られるか?ということをまとめてみました。

〇人間性

もっとも、基本的であり、最終的に最も重要であると考える人が多いポイントです。

現在いるスタッフとうまくやっていけそうか、協調性はあるか、素直な心は持っているか、前向きに取り組む気持ちを常に持っているか、感情をコントロールできそうか、誠実さを持ち合わせているか、などなど、質問を通じて、どういった人間性を持っているのかを判断しようとします。

〇実務能力

最終面接まで辿り着いたときに、客観的に評価されるのが、この実務能力になります。

具体的に、どんな仕事をこれまでやってきて、そして、どういった仕事を入社後に任せることができるのかということを、判断されます。

ケースとしては稀ですが、最終面接で実務能力に疑問符が付いた場合は、再度、実務能力を試すような実技テストなどを受けるように求められることがあります。

〇今後のキャリアプランについて

最終面接で、経営陣が確認しておきたいことの一つに、転職者が将来的にどういったキャリアプランを描いているかということがあります。

将来的には経営の一角を担う幹部を目指すのか、あるいは、技術畑を歩み続けスペシャリストとして最終的にはCTOのようなポジションを目標としているのか、あるいは入社後に経験を積んだ後、いずれは独立を考えているのか、などなど、その人の生き方について、非常に関心を持っています。

経営陣にとってみれば、その人が志望するキャリアプランに沿った部署やポストを用意することで、転職者のパフォーマンスを最大限まで引き上げたいという気持ちがあります。

〇働き方について

近年は在宅勤務やリモートワーク、時短勤務、フレックス制など雇用者となる人の働き方も多様化してきています。

どんな働き方が転職者にとって、高いパフォ-マンスを発揮できるのか、そして、その働き方を希望する理由や背景を経営陣が最終面接で理解しておきたいというのは、当然と言えるかも知れません。

〇給料・年俸・賃金について

最終面接で確認する内容としては、給料、年俸、年収も非常に重要な判断材料の一つです。

中途入社で入る転職者としても、ビジネスパーソンとして自分の価値を計る上での一つの物差しになるのは間違いありません。

年収を提示される側としては、あまり強気な交渉は難しいかもしれませんが、一方的な交渉にならないような工夫も必要になります(参考/転職で給料を交渉する効果的な方法3つ)

また、転職エージェントを利用している場合は、事前に給料交渉は済んでいるものと思われますので、最終意思確認となるでしょう。

〇働きはじめる時期について

ビジネスを進める上でスピードは極めて重要な要素の一つですが、それは転職でも変わりません。

最終面接に出てくる経営陣やそれに近しい人たちは、事業全体について様々な視点から日々、検討を重ね、「今、目の前で面接している人材は、いつ頃から戦力になり得るのか」ということを冷静に判断しています。

職場に慣れるまでに1ヶ月~2ヶ月、そうすれば、6ヶ月後には、今進めている新事業の貴重な戦力となっているだろうと頭の中で算盤をはじいています。

〇資格や学歴について

資格が採用のマスト要件になる場合を除いては、資格や学歴については、採用担当者の考え方や価値観に左右されることが多いです。

全く参考にしない人もいれば、参考にする人もいます。

また、過去に資格や学歴で採用して失敗したケースがあると、それがバイアスとなっているケースもあります。

資格や学歴をどれくらいアピールするのかというのは、最終面接のときに判断せざるを得ません。

〇その企業特有の条件について

facebbook社では、すべての業務に関わる人が何らかのプログラミング経験者であることという条件があったり、東横インでは子持ちのシングルマザーを積極的に採用していたり、星野リゾートでは喫煙者を採用しない、などなど企業により、特有の雇用条件がある場合があります。

最終面接では、その点について、認識のずれや齟齬がないように最終確認がなされるということもあります。

最終面接での逆質問について

最終面接のときに、面接担当者から「何か質問はありますか?」と聞かれることがあります。

そんな時の対策を考えてみたいと思います。

〇時間軸で考える

逆質問の考え方の一つして、「時間軸」をベースに考えるという方法があります。

事前にサイトを見て、どの事業をどのあたりまで伸ばすつもりなのか?という趣旨で質問をしたりといった形になります。

「サイトのIRを拝見いたしましたところ、今回、私が採用を志望しております法人向け事業については、昨年末に開始されたとのことですが、1年後、あるいは3年後の売り上げ金額や業界シェアなどの目標について、差しつかえない範囲で教えていただけないでしょうか」

昨年末にスタートしている点、そして1年後、3年後といった時間軸を意識して質問を組み立てることで、質問に具体性が出てきます。

ただし、まだ採用が決まっているわけではなく、言わば外部の人間なので、具体的な数値などを聞き出す意図がないよう、「差支えない範囲で」と断りをしっかりと入れて尋ねましょう。

〇人間を軸に考える

逆質問を考えるときの考え方として「人間」をベースにして考えることで、質問にも幅が出てきます。

「御社の採用ページには、挑戦できる人を求めるということが謳われていますが、その他に、御社で勤務するにあたり、求められる資質などはございますでしょうか?」

「私が希望いたしております部署では、同じ部署に5名のスタッフが在籍していらっしゃると以前の面接で伺いました。差支えない範囲で結構ですが、御社の部署と人員構成、今後の計画などを教えて頂くことは可能でしょうか?」

など、人に対して求められる資質やチーム編成などといったように、人間をベースにすることで、様々な切り口で質問を考えることができます。

ただ、人に関する質問で気を付けなくていけないのは、中堅企業や大企業の役員や社長になると、あまり現場の細かいことにまで精通していない人もいたり、一次面接の担当者など特定の人物についての質問は分からなかったりするので、その点は注意して、あまり細かすぎる質問はしないようにした方が無難です。

〇経営陣の視点で考える

経営陣が転職者に求めるものは、職種などによっても異なってきますが、「売上の拡大」「コスト削減」「業務効率を改善」など、必ず何らかの目的を持っているはずです。

それは裏を返せば、何か課題を抱えているということになります。

「私に最も期待される役割や成果を教えていただけますでしょうか?」

「私が最優先で取り組む必要がある課題などを、差支えない範囲で教えていただくことは可能でしょうか?」

などなど、経営陣が転職者に対して、何を求めているのかということを自分が希望する職種について、考えてみることも質問作りのヒントになります。

また、経営陣の視点になってみると、福利厚生や有給休暇の取得の方法などに関する主たる業務以外の質問、最終面接の出来不出来についての質問、部署移動などの要望への対応などの質問は、しない方が無難ということがお分かり頂けるかと思います。

最終面接の結果について

最終面接の合否の結果については、データとして取るのは、企業ごとに開きがありすぎて、一般化するのは難しいかもしれません。

最優面接は、入社への意思確認だけという企業もありますし、かなりの確率で落ちるという会社もあります。

傾向としては、大きな会社になればなるほど、最終面接は意識確認程度ということが言える傾向にありますが、ただ、業界によっては、決してそんなこともないのが現実です。

また、少し前までは、最終面接は形式的だった企業も経営陣の刷新により、採用プログラムが根本的に変更になり、最終面接でも落ちることが出てくるケースもあったりします。

言えることは、内定通知が出るまでは、待つしかないということになります。

転職エージェント人気ランキング

東証一部上場企業からベンチャー企業まで数社に転職。

過去、1回の転職活動につき、登録した転職エージェントは少なくとも3~5社、それでも簡単に決まった転職活動は一度もありませんでした。

これまでの転職活動が失敗しなかった理由は、転職エージェント各社が抱えている独占案件でした。

 会社名特徴
1リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
2DODA知名度・実績は業界トップクラス
5レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
4転職サイト@type年収アップの転職に強み
13ものづくりエンジニアものづくりエンジニア転職"No.1"
3JAC リクルートメント外資系からエンジニア、ハイスペック求人に強い
12アクシスコンサルティングコンサルティング業界に強いパイプ
9パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
10Switch.Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト
6ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
7マイコミエージェントITブランド力で非公開求人を多数抱える
15アデコ中小企業から大企業まで
11WANTEDLY運命のチームやシゴトに出会える?!
14paizaIT/WEBエンジニア、プログラマ求人に特化

スポンサーリンク