トップページ > 転職・キャリアチェンジ > 転職活動中の有意義な時間の過ごし方8選

転職活動中の有意義な時間の過ごし方8選

転職活動中の有意義な時間の過ごし方8選

会社の倒産や勤務が激務過ぎたり、落ち着いて転職活動をしたいといった理由から、会社を退職した後に転職活動をする人も多くいるかと思います。

そこで、今回は退職後に転職活動をしている人に、転職活動中の有意義な時間の過ごし方について、実際の転職経験者のヒアリングなどを交えながら、お送りしたいと思います。

では、早速、見ていきましょう。

1.適度な運動などの健康管理

退職後の転職活動は、在職中の転職活動に比べて、時間に余裕ができることが多く、そのため、かえって生活習慣が崩れやすいといった人も少なくありません。

また、経済的な理由などから自宅にいることが多くなり、体を動かす機会も減ってしまうということもあります。

そして、生活習慣が乱れたり、体を動かすことが減ってしまうと、中には体調不良を招いたり、頭の回転が鈍ってしまい、肝心の転職活動に影響が出てきてしまうということもありますので、十分に気をつける必要があります。

退職後に転職活動をしているときは、適度な運動や規則正しい生活習慣など健康管理のための「時間」をしっかりと意識し、転職活動のパフォーマンスを上げることに備えたいところです。

2.読書や勉強の他、図書館などを利用する

退職後の転職活動は、転職活動が長期化した時に備えて経済的にはできるだけ節約を心がけたいところです。

そこで、積極的に利用したいのが図書館です。

最近の図書館には、本だけでなく、漫画や新聞、雑誌、オーディオブックなど様々な”読書”を楽しめるようになっていますので、費用をかけずに有意義な時間を過ごすことができます。

当サイトがヒアリングした転職経験者の中には、あえて”スーツ”を来て図書館に行くことで、自分に緊張感を持たせていたという人もいました。

また、仕事をしているときは、なかなか手をつけられなかった本を読んだり、資格の勉強などに取り組んでみるというのも一つの方法です。

3.職務経歴書や履歴書の見直しやパターンを増やす

退職後の転職活動の時間の有意義な使い方と言えば、職務経歴書や履歴書の見直しが代表的なものとして挙げられると思います。

文章がおかしくないか、冗長になりすぎていないか、構成が分かりにくくないかなど、履歴書や職務経歴書を自らチェックして、修正を重ねることは非常に価値が高い作業になります。

また、応募する業界や企業などによって、志望動機や自己PRのパターンを複数作成したりするのも、応募の数を増やそうというときには、きっと役立つでしょう。

4.単発バイトや超短期バイトを探す

退職後の転職活動中は、どうしても経済的な不安を拭えませんので、そうしたときは、単発バイトや超短期バイトをしてみるというの一つの手です。

収入を得られることで、経済的な不安を取り除くことができれば、転職活動をしていく上で精神的にも余裕が出てきますので、そうした面でのプラスも大きいと言えます。

また、単発バイトや超短期バイトで社会との接点を切らさずに、他人との会話のリズムを忘れないということも意外に見逃せません。

退職後の転職活動で自宅ばかりにいて、会話の数が減ってしまい、肝心の面接の場で本来のコミュニケーション能力が発揮できずに、不本意な結果になってしまったことを後悔したことがあるとヒアリングで回答した転職経験者もいました。

単発バイトや超短期バイトは、経済的な理由以外の効果もありますので、上手く活用したいところです。

5.ブログやサイトを作ってみる

ネットを使って誰でも情報を発信できると言われて久しいですが、退職後に転職活動をしている人が自分の経験を通じて得た知識やノウハウをブログやサイトでアウトプットするというのも時間の使い方としては有意義です。

情報をアウトプットすることで、自分の考えや気持ちが整理されるということが期待できるという側面もありますし、また、同じ悩みを抱えている人に情報を提供することで、その人の役に立てるのであれば、非常に価値の高いことです。

実際に、当サイトでは転職経験者の経験や知識、ノウハウをそうした考え方を持って、発信を続けています。

大手のネット企業が提供しているブログサービスなどを使えば、簡単に始められると思いますし、次の就職先が決まれば、そこでブログは終了してもいいと思いますので、気軽に取り組むことができると思います。

6.転職活動の今後をシュミレーションをする

退職して転職活動をすると、社会保険や年金、税金などの変更手続きを行い自分で支払っていくことになりますが、そうした支出と失業手当や貯金、短期バイトなどの収入を洗い出し、今後の家計についてシュミレーションを行うというのも有意義な時間の使い方の一つです。

少し手間がかかりますが、収入と支出を数字として把握しておくことで、必要以上に経済的な不安を感じることもなくなりますし、仮に収入が不足することが分かれば、節約したり、短期バイトを増やすなどの対策をどれくらい講じる必要があるのかということも分かります。

編集部が行ったヒアリングでは、家計簿アプリなどを使って、クレジットカードや銀行口座の資金の流れを把握するなどの工夫をしていたという人もいました。

7.不要な物を売却したり、捨てる

退職後の転職活動では、時間の余裕がありますので、自宅にある不要なものを買取業者に売却したり、不要なものを処分して捨てたりする絶好の機会です。

買取業者に不要なものを売却すれば、収入を得ることもできますし、また、部屋も整理することができるので、まさに一石二鳥です。

働いているときはなかなかまとまった時間が取れなくて収納棚に眠っている不用品を片づけることができなかった人も、退職後の転職活動中は落ち着いて取り組むことができるでしょう。

8.転職活動のアプローチを考えてみる

転職活動には、登録型の人材紹介会社を利用する方法もあれば、転職エージェントを利用したり、自分でネットなどを使って探すという方法があります。

退職後の転職活動では、時間の余裕がありますので、これまで自分が試してこなかった転職活動にトライしてみるというのも時間の有意義な使い方になります。

実際に、転職活動のアプローチを変えることで、それまで苦戦していた転職活動が急に好転するようになったという人は編集部がヒアリングした転職経験者の中にも数多くいました。

転職エージェント人気ランキング

東証一部上場企業からベンチャー企業まで数社に転職。

過去、1回の転職活動につき、登録した転職エージェントは少なくとも3~5社、それでも簡単に決まった転職活動は一度もありませんでした。

これまでの転職活動が失敗しなかった理由は、転職エージェント各社が抱えている独占案件でした。

 会社名特徴
1リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
2DODA知名度・実績は業界トップクラス
3JACリクルートメント外資系からエンジニア、ハイスペック求人に強い
4転職サイト@type年収アップの転職に強み
5レバテック キャリアIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
6ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
7マイコミエージェントITブランド力で非公開求人を多数抱える
8GreenIT/Web業界の求人に特化
9パソナキャリア歴史・実績ともに豊富
10Switch.Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト
15アデコ中小企業から大企業まで
11WANTEDLY運命のチームやシゴトに出会える?!
12キャリコネ年収・評判情報も満載
13Find Jobミクシィグループ
14paizaIT/WEBエンジニア、プログラマ求人に特化

スポンサーリンク