トップページ > 転職・キャリアチェンジ > 今、転職すべきかどうか悩む人こそ、転職活動をはじめるべき5つの理由

今、転職すべきかどうか悩む人こそ、転職活動をはじめるべき5つの理由

今、転職すべきかどうか悩む人こそ、転職活動をはじめるべき5つの理由

これまでに転職を経験したことがある人、そうでない人に関わらず、「今、転職すべきかどうか悩む・・・」という人は、まずは転職活動を始めるべきです。

なぜなら、転職活動をはじめることにより、自分の目で耳で、転職が今の自分にとって何を意味するのかということを肌で感じることができるからです。

1.自分の市場価値を測る

自分の市場価値を知るには、様々な方法がありますが、転職活動で提示される年収や年俸はそれを測るモノサシとして、最も分かりやすいものの一つです。

例えば、自分では給料が安いと思って、転職活動をしてみると、年齢やこれまでのキャリアから考えると、業界では至って”普通”だったり、また、逆に異業種や外資系などへの転職で過去のキャリアと実績が高く評価されて、これまでを大きく上回る年俸が提示されることもあります。

実際に転職をするかどうかは別にして、今の自分の市場価値を知るには、まずは転職活動をしてみることが最もそれを知るための近道になります。

また、転職活動を通じて、自分の市場価値を知ることで、改めて現職に対して取り組む姿勢が変化することもありますので、そういった意味では転職活動は、大きな刺激になる可能性もあります。

2.自分のキャリアや実績を見つめ直せる

今、転職活動をすべきかどうかを悩んでいる人は、転職活動をはじめてみることで、自分のこれまでの実績やキャリアがどれくらい他の会社で必要とされるのか、あるいは、他社でどういった実績やキャリアが求められているのかという現実を知ることができるのもメリットの一つです。

転職活動をすると、自分を転職先にアピールする必要がありますので、その過程で、これまでの自分のビジネスパーソンとしてのキャリアや実績も見つめ直す必要が出てきます。

それは、翻ってみれば自分の実績やキャリアを振り返ることになるわけですが、自己評価と他社からの評価の違いを知ることは今後のキャリアプランにおいては貴重な視点になります。

実際に転職活動では、評価してもらえるだろうと思っていた実績がイマイチ評価されず、また、大したキャリアではないと思っていたことが意外に評価してもらえたりといったことがあります。

その現実を知ることで、どういった実績やキャリアが高く評価されるのかということを肌で感じることができます。

3.自分の置かれている状況や労働環境を客観的に見る

ブラック企業やホワイト企業という言葉がありますが、労働環境は企業ごとに異なり、そして、その会社の文化や社風が、どんな人にも適しているかというと、決してそんなことはないのはご存じの通りです。

そして、自分が慣れ親しんだ職場が、そして、自分が置かれている労働環境が、どれくらい特殊なのかどうかということは、意外に判断が難しいところです。

なぜなら、人間は環境に適応してしまう生き物で、最初は違和感を感じた職場でも日々を重ねるうちに、「こんなものか」と考え、次第に慣れてしまって、それが当たり前になってしまうからです。

新卒から会社に入って、その会社にしか勤めたことがない人で、その会社の社風やルールがかなり特殊であることを転職するまで気付かないといった人も決して少なくありません。

そういった意味では、自分が置かれている状況を客観的に見るには、転職活動は絶好のチャンスです。

なぜなら、世間には、実に様々な会社が存在することを知ることができるからです。

4.今後のライフプランやキャリアプラン作りに

自分のこれからの仕事を考えるときには、様々な構成要素が考えられますが、例えば、結婚、両親がいる実家との距離、住居、子供などなど、年齢を重ねれば重ねるほど、その要素は複雑になってくる可能性があります。

そして、今、転職すべきかどうかを悩む人にとって、そうしたポイントが多くあればあるほど、転職に対して慎重になるのは、もっともだと思います。

しかしながら、一方で転職活動が契機となって、複数の問題が一気に解決となることもあったりします。

例えば、最近では、リモートワークに積極的に取り組んでいる企業もIT関連の会社を中心に広がっており、地方都市へのU・Iターン就職で、残業時間の短縮、家族との時間の増加、地方でのマイホームの購入などを一気に実現したという例もあります。

今、転職すべきかどうか悩んでいる人にとっては、転職活動がライフプランやキャリアプラン作りのチャンスとなることもあります。

5.企業の採用意欲を知る

当サイトでは、転職にあたって、その行動を起こすタイミングが非常に重要であるということを一貫して述べていますが、そういった意味では、今、転職すべきかどうかを悩んでいる人にとって、どんな企業が積極的に採用を行っているのかといったことを知り得たり、あるいは、転職エージェントを通じて、企業の採用状況全般について知ることができるというのも転職活動をはじめるメリットの一つです。

企業側が積極的に採用を行っているときは、雇用の条件もいいときが多く、タイミングとしてはチャンスと言えるでしょう。

また、逆に採用状況が決してよくないことが分かれば、一旦、転職活動を控えて、状況が好転するのを待つという手もあります。

いずれにしても、今、転職すべきかどうかを悩む人は転職活動をはじめて、企業側の採用意欲を知ることで、今がそのタイミングかどうかということを把握することができるでしょう。

まとめ

「今、転職すべきかどうか悩む人こそ、転職活動をはじめるべき5つの理由」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職活動は、勇気も必要になり決して簡単なことではありませんが、自分自身を見つめ直す貴重な機会で、実際に行動を起こしてみることで非常に多くのことを感じることができると思います。

転職エージェント人気ランキング

東証一部上場企業からベンチャー企業まで数社に転職。

過去、1回の転職活動につき、登録した転職エージェントは少なくとも3~5社、それでも簡単に決まった転職活動は一度もありませんでした。

これまでの転職活動が失敗しなかった理由は、転職エージェント各社が抱えている独占案件でした。

 会社名特徴
1リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
2DODA知名度・実績は業界トップクラス
5レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
4転職サイト@type年収アップの転職に強み
13ものづくりエンジニアものづくりエンジニア転職"No.1"
3JAC リクルートメント外資系からエンジニア、ハイスペック求人に強い
12アクシスコンサルティングコンサルティング業界に強いパイプ
9パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
10Switch.Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト
6ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
7マイコミエージェントITブランド力で非公開求人を多数抱える
15アデコ中小企業から大企業まで
11WANTEDLY運命のチームやシゴトに出会える?!
14paizaIT/WEBエンジニア、プログラマ求人に特化

スポンサーリンク