トップページ > 就職(フリーター・既卒の就職) > フリーターの将来が不安すぎる・・何が原因で一体どうすればいいの?

フリーターの将来が不安すぎる・・何が原因で一体どうすればいいの?

このままフリーター続けてて大丈夫なの?

最近、将来のことを考えると不安すぎて・・

これからもフリーター続けてて、明るい将来が待っているのかな・・

今、フリーターをしている方の中には、こんな風に考え、ときには思い詰めている人もいるのではないでしょうか。

何を隠そう、上の言葉は筆者自身がかつてフリーターとして”もがいていた”ときに何度も頭の中を駆け巡った言葉なのです。

そこで、今回は数年の過酷なフリーター経験を経た後、正社員として就職し、上記の不安を解消することができた筆者が、自らの体験を交えながら、フリーターの将来が不安に感じてしまう原因と対策について、語ってみたいと思います。

一向に増えない収入・・貯金なんて夢のまた夢・・

将来のことを考えたときに、悩みの種として誰もが真っ先に思い浮かぶのは、「お金」という方も少なくないのではないでしょうか。

今、正社員をしている方の中にも、そうした不安を少なからず感じている人が少なくないのに、ましてやフリーターともなると、そう感じる人が多くても全く不思議ではありません。

実際に筆者は学生からフリーターになったときに、はじめて手にしたときの収入の低さに愕然として、

あれだけ残業を頑張っても、これだけしかもらえないのか・・絶望しかないんだけど・・

と、六畳一間の部屋で深夜にひとり、思わずつぶやいてしまいました。

そこから、筆者はバイトを”掛け持ち”で頑張った結果、それなりの収入を確保することができたのですが、奨学金などの借金を抱えていた筆者が貯金をできる余裕などは全くなく・・・。

そして、そうしたフリーター生活を数年も続けていると、どんなに楽観的でいようと心がけていても、その厳しい現実を前に将来に対して不安を感じざるを得ませんでした。

収入が増えない、貯金ができないといったお金の悩みは、将来を最も不安にさせる要素の一つと言えるでしょう。

今の仕事をこの先、ずっとやり続けるなんて考えられない・・

世の中には様々な仕事がありますが、フリーターの中でも自分にとって「天職」とも言える仕事に就けている人はどれだけいるでしょうか・・。

筆者は、フリーター時代に警備員、販売員、営業補佐、電話オペレーター、文字入力、引っ越し作業員、工事スタッフ、イベントスタッフなど様々な仕事をしましたが、残念ながら、どの仕事も長くて数年、続けるのがやっとでした・・。(ひどいときは1ヶ月ほどで辞めてしまったものも・・)

どの仕事も慣れてくるとそれなりに面白さもあったのですが、相性が悪かったのか、それからしばらく経つと”飽き”がきて、仕事へのモチベーションが急降下するというお決まりのパターンでした。

筆者が単に”飽き性”なだけかもしれませんが、そんなことを繰り返していると、

一体、自分は5年後、10年後、どんな仕事をしているのだろうか?コレだ!と思える仕事に出会い、本当の意味で自立できるのだろうか?

という不安に、度々襲われるようになり、ときには”不眠症”に近い状態になったことすらありました。

自分が熱意を持って取り組める仕事がないというのは、不安を煽る大きな材料の一つになります。

自分のしたいことが分からない・・

フリーターをしている人の中には、「自分には夢があり、それを実現するのが最優先で、バイトは生活するためにしている」という人もいるのではないでしょうか。

筆者自身、フリーター時代には起業家になるという夢を持っていましたし、周囲には、芸人を目指している、プロのスポーツ選手を目指している、など様々な目標を胸に頑張っている人とも出会いました。

しかし、今振り返ってみても、その夢を叶えることができたのは、ほんの一握りで、ほとんどの人が夢が破れたり、道半ばで挫折してしまったというのが、残念ながら現実です。(筆者は起業に挑戦するも、失敗・・。)

そして問題はその後なのです。

目標を失い、失敗という現実を突きつけられた後、なんとなくフリーターをしているという人は、次の目標を見つけるのに時間がかかったり、失敗をズルズルと引きずってしまい、気持ちがどんどんネガティブになって、なんとも言えない不安に押し潰されそうになってしまうのです。

このままでいるのは不安だ・・だけど、何もやりたいことが見つからない・・どうしよう・・

こんな心理状態のまま生活を続けるのは、フリーターじゃなくても、かなりのストレスになります。

行動が大事なのはわかっているけど、正社員になれる自信もないし、怖い・・

ここまで読み進めてきた方の中には、「なぜ、行動を起こそうとしなかったの?」と疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

筆者は迫りくる不安を前に、いつも戸惑ってばかりというわけでもなく、実際に

じゃあ、いっそのこと、フリーターをやめて正社員として就職してみるか!

と勢いよく思い立ったことも一度や二度ではありません。

例えば、転職サイトでいい条件の募集要項を見たり、キャリアアップのために転職活動している知人・友人の話を聞いたときには、訳もなくやる気がみなぎったりしていました。

しかし、掛け持ちのバイトが忙しいことや、「でも、そんなに現実は甘くないよな・・書類作ったりするのも面倒だし・・」といったネガティブな感情で結局、うやむやにして、これまでと同じような生活に戻ってしまっていたのです・・。

どんなに気持ちや意識に刺激を与えても、これまでの生活を繰り返しているだけでは、”熱”が冷めると、また同じような不安に襲われることは分かっていたのにも関わらずです・・。

「自分のしたいことを語る人が100人いたら、実際に行動に移すのは10人、そして、それを実現するのはその中の1人」なんていう例え話がありますが、実際に行動を起こすというのは、それほどまでに大変だということを物語っているのではないでしょうか。

正社員だけが全てではない、フリーランスという手も

では、フリーターとしての将来に悲観をしていた筆者がどのように道を切り開いていったかと言いますと、簡単に言ってしまうと、専門知識を学び、まず最初に自分に自信をつけた上で、人手不足の業界を目指すという方法でした。

当時も今もそうですが、IT業界は慢性的に「人手不足」の状態にあり、さらにまだ新しい業界だから、ほとんど経験がなくても、知識やスキルがあればチャンスはあるはず!と考えたのです。

そして、筆者は色々と考えた結果、もともと好きだったWEB系の専門知識が学べて、就職まで斡旋してくれるという「TechAcademy [テックアカデミー]」というサイトを見つけ、幾つかのコースを学び、そこから就職に漕ぎつけ、何とか不安だらけのフリーター生活を抜け出すことに成功したのです。

筆者の場合は、たまたまウェブの世界に興味がありましたが、当時、筆者の周りにいたフリーターの方の中には、ガーデニングの資格を取って正社員になった人や空調工事を専門に行うフリーランスになったという人もいました。

フリーターが将来の不安を払拭する方法には、兎にも角にも正社員への就職やフリーランスを目指すという方法もありますが、やみくもに就職活動をする前に、まずは自分で何らかの専門知識を学んだりすることで、「自信」をつけるというのも一つの方法です。

まとめ

お金、人生の目標、仕事のやりがい、働き方などフリーターの不安の原因とその対策を見てきましたが、いかがでしたでょうか?

最後に、不安との闘いだったフリーターから実際に正社員になってみて筆者が驚いたことを幾つか挙げたいと思います。

〇正社員ってキツそう

→有休が取れて残業がほとんどない上に、ボーナスが年3回も出る会社がある

〇家賃手当、深夜手当、出張手当など

→福利厚生が手厚すぎて、ビックリ!

〇仕事の中身が断然おもしろい!

→これまで味わったことがないような仕事の醍醐味を知る

中でも筆者が最も驚いたことは、世の中には、お宝のような”ホワイト”企業が本当に実在したことでした。(正社員になる前は、世の中にはブラック企業ばっかりと勝手に思い込んでいた・・)

もし、今フリーターとして不安を抱えて、悶々として日々を送っている方には、自分の年齢や今後の目標などを天秤にかけながら、これまでの生活を続けるか、それとも一度チャレンジしてみるとということを、是非、冷静に考えてみてもらえればと思います。

追記

「フリーターが正社員に、そもそもそんなに簡単になれるの?」という点ですが、それについては、フリーター・ニート専門の就職エージェントが出てくるなど、以前に比べて、かなり状況が良くなっています。

「フリーターから正社員なんてそう簡単になれないよ・・」ということは、少なくとも今では心配する必要はほとんどありません。

もしも、フリーターから正社員に就職できたとすると・・?


ダメもとで登録したフリーター・ニート就職専門の就職エージェントのおかげで、職歴なしの筆者でも正社員、ボーナス、結婚、そして、マイホームまで手に入れることができました。

あのときのわずかな"勇気"のおかげで、取り返しのつかない損をせずに済みました。

【筆者おすすめのフリーター・ニート就職専門の就職エージェント】
リクルートキャリア【就職Shop】
ハタラクティブ

転職という「選択肢」を手に入れたい人へ

有効求人倍率があのバブル期を超えて、過去最高水準に達した2018年4月の転職マーケット。

人手不足を背景に、好条件・好待遇のスカウトを受け取ったり、自分がやりたかった仕事・夢だった職種に転職する人も続出中。

- 絶好のチャンスを見逃さない方法 -はきわめて簡単。

複数の転職エージェントに無料登録して、あとはメールで良さそうな案件が届くのを待つだけ。

今すぐ転職という「選択肢」を手に入れよう。

登録必須の転職サイト・エージェントは下記からどうぞ。

会社名特徴
リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
DODA知名度・実績は業界トップクラス
レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
リクルートキャリアフリーター、既卒、第二新卒の就職を支援
パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
転職サイト@type年収アップの転職に強み

スポンサーリンク