トップページ > ビジネス > ビジネスメールで「受け取る」を丁寧に伝えたいときの御礼の例文

ビジネスメールで「受け取る」を丁寧に伝えたいときの御礼の例文

ビジネスメールで「受け取る」を丁寧に伝えたいときの御礼の例文

クライアントや取引先から、契約書などの書類などを送付してもらったときに、「受け取った」ことについての連絡とお礼をする際の例文になります。

コピー&ペーストでご自由にお使いください。

クライアントに契約書を送ってもらったときの御礼のビジネスメールの文例

To:相手(担当者)のメールアドレス

cc:社内外の関係者全員(進捗を報告する必要のある社内スタッフ)のメールアドレス、メーリングリストのアドレス


件名:【株式会社△△(自社名)】書類送付のお礼につきまして

株式会社〇△

〇〇様

cc:関係各位

この度はお世話になります。 株式会社△△の○○です。

契約書の押印並びに送付のお手続き、誠にありがとうございました。

本日、契約書を受領いたしました。

弊社にて2部のうち1部に署名捺印を行いまして、後日、返送させて頂きます。

今しばらくお待ちいただけますでしょうか。

引き続き、よろしくお願い申し上げます。

<署名>

クライアントから商品サンプルを送ってもらったときの御礼のビジネスメールの文例

To:相手(担当者)のメールアドレス

cc:社内外の関係者全員(進捗を報告する必要のある社内スタッフ)のメールアドレス、メーリングリストのアドレス


件名:【株式会社△△(自社名)】商品サンプルのご手配ありがとうございました。

株式会社〇△

〇〇様

cc:関係各位

この度はお世話になっております。

株式会社△△の○○です。

お忙しいところ、商品サンプルのご手配、誠にありがとうございました。

先ほど、商品サンプル3点を拝受いたしました。

お送り頂きました商品サンプルをもとに、提案を進めてまいりたいと思います。

準備が出来次第、改めてご連絡差し上げますので、誠に恐れ入りますが、今しばらくお待ち頂けますでしょうか。

また、その他、ご不明な点やお気づきの点がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

<署名>

クライアントからプレゼント用の賞品を送付してもらったときのお礼のメール

To:相手(担当者)のメールアドレス

cc:社内外の関係者全員(打ち合わせの同席者、進捗を報告する必要のある社内スタッフ)のメールアドレス、メーリングリストのアドレス


件名:【株式会社△△(自社名)】プレゼント賞品受領のお知らせ

株式会社〇△

〇〇様

cc:関係各位

いつも大変お世話になっております。

株式会社△△の○○です。

先日はお打合せにて、貴重なお時間をいただきまして、誠にありがとうございました。

本日、〇〇様に送付いただきました今回のプレゼント賞品(全5賞品)を受領いたしました。

ご多忙の折、配送のお手続き、誠にありがとうございました。

近日中に応募者の抽選を実施いたしまして、抽選結果を〇〇様にご確認いただきました後、当選者へ賞品を発送するまで弊社の倉庫にて大切に保管させて頂きます。

また、その他、ご不明な点やお気づきの点がございましたら、お気軽にご連絡頂けますでしょうか。

引き続き、よろしくお願い申し上げます。

<署名>

クライアントから仮発注の連絡を頂いたときのお礼

To:相手(担当者)のメールアドレス

cc:社内外の関係者全員(進捗を報告する必要のある社内スタッフ)のメールアドレス、メーリングリストのアドレス


件名:【〇△株式会社(自社名)】仮発注のご連絡ありがとうございました。

株式会社△△

〇〇様

この度はお世話になっております。

〇△株式会社の○○です。

〇〇様からの仮発注のメールをたった今、拝見いたしました!

この度の仮発注のご連絡、誠にありがとうございました。

コンペの中から、弊社をご指名いただきましたことにつきまして、心よりお礼申し上げます。

ご期待に添えられるよう全力を尽くしてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

今後の進め方やスケジュールにつきましては、弊社内にてチームを組成いたしまして、早々にご連絡差し上げたいと思いますので、恐れ入りますが、今しばらくお待ち頂けますでしょうか。

今後ともどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

<署名>

クライアントからデザイン変更の依頼の連絡を頂いたときのお礼のメール

To:相手(担当者)のメールアドレス

cc:社内外の関係者全員(進捗を報告する必要のある社内スタッフ)のメールアドレス、メーリングリストのアドレス


件名:【〇△株式会社(自社名)】デザイン変更のご依頼の件につきまして

株式会社△△

〇〇様

この度はお世話になっております。

〇△株式会社の○○です。

先ほどは、メールにてご連絡ありがとうございました。

ご依頼いただきましたデザイン変更の件、拝承いたしました。

社内のデザインチームに確認いたしまして、再度、ご提案させていただきたいと思います。

恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。

今後ともどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

<署名>

受け取ったことを丁寧にメールで返信する際の注意点

 

〇メールアドレスを複数入れる場合の順番について

Toやccの使い方は企業によって様々です。歴史の長い大企業などでは、役職の高い人ほど先に入れましょう。そういったことを気にしない企業もありますが、大手企業の場合は細心の注意を払うことをお勧めします。

〇メールは内容によって新しく作りましょう

打ち合わせの調整を他の内容のメールと混同するのはできるだけ避けましょう。毎日、膨大なメールのやり取りをしている方は、件名でそのメールをいつ開くべきかということを判断しています。また、後で検索するときにも分かりやすくするためです。想定されるのは、メールはpcで見て、当日にスマホなどを使って出先で検索する場合などです。

〇件名にはクライアント名や自社の名前などをなるべく入れましょう

これもほぼ、上と同じ理由です。

転職エージェント人気ランキング

東証一部上場企業からベンチャー企業まで数社に転職。

過去、1回の転職活動につき、登録した転職エージェントは少なくとも3~5社、それでも簡単に決まった転職活動は一度もありませんでした。

これまでの転職活動が失敗しなかった理由は、転職エージェント各社が抱えている独占案件でした。

 会社名特徴
1リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
2DODA知名度・実績は業界トップクラス
5レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
4転職サイト@type年収アップの転職に強み
13ものづくりエンジニアものづくりエンジニア転職"No.1"
3JAC リクルートメント外資系からエンジニア、ハイスペック求人に強い
12アクシスコンサルティングコンサルティング業界に強いパイプ
9パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
10Switch.Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト
6ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
7マイコミエージェントITブランド力で非公開求人を多数抱える
8GreenIT/Web業界の求人に特化
15アデコ中小企業から大企業まで
11WANTEDLY運命のチームやシゴトに出会える?!
14paizaIT/WEBエンジニア、プログラマ求人に特化

スポンサーリンク