トップページ > 派遣・アルバイト > 長期化させないための転職活動の進め方とは?

長期化させないための転職活動の進め方とは?

長期化させないための転職活動の進め方とは?

職活動を経験済みの方はご存じだと思いますが、転職活動の長期化は、肉体的にも精神的にもかなり疲弊してしまいます・・・。

在職中の転職活動は経済的な心配はそれほどありませんが、仕事をしながらの転職活動の長期化は肉体的にかなり辛いですし、一方、離職中の転職活動の長期化は焦りや不安などを抱えている影響もあり、精神的に負担が大きくなる傾向にあります。

そこで、今回は長期化させないための転職活動の進め方について説明したいと思います。

早速、見ていきましょう。

転職活動はタイミングが最も重要

当サイトでは、転職活動の成否を決める要素として、本人のこれまでの実績やキャリアと並んで、あるいは、それ以上に転職活動を行うタイミングが重要であると言及してきましたが、それは、長期化を避けるというときも同様です。

下記は、1970から2012年までの日本の長期に渡る失業率をグラフ化したものですが、ITバブルが弾け、金融危機が起こった2003年前後やサブプライムローンからリーマン・ショックが起きた2008年前後は失業率が大きく上昇しているのがお分かり頂けるかと思います。

unemployment01

グラフ参照元/セントルイス連銀(英語)

当時の転職マーケットの状況と言えば、新卒ももちろん厳しい状況でしたが、中途の転職活動もかなり厳しい状況で、実績やキャリアが申し分のない方でも、転職するのに大変苦労していた時期です。

もし、転職活動を長期化させたくないことを望むのであれば、失業率が高い時期は、転職活動を可能な限り避けることを検討した方がいいというのは、お判りいただけるかと思います。

また、離職中でどうしても転職活動をしなくてはいけないというときは、雇用のマーケットが回復するまでの間は、転職活動を休止して、スキルアップのための資格を取ったり、あるいは、思い切ってベンチャーなどに飛び込むというのも一つの手です。

景気が悪い時に生まれたベンチャー企業がその後、景気が回復した時に大きく飛躍するというのは、よくあるケースですし、景気が悪い時に転職活動を行い、苦戦して失職期間が長く続くよりも、得るものはきっと大きいはずです。

次の時代を切り開く産業にも目を向ける

戦後から、現在の日本の歴史は焼け野原から先進国へ大きく成長した時期ですが、時代に応じて、雇用を生み出してきた産業が変化してきたことはご存じの通りです。

かつては羨望のまなざしで見られていた大企業や有名企業も時代の流れに乗れず、倒産したり、合併吸収されて会社が無くなってしまったというのは、数えきれないほど事例があります。

しかし、潰れていく企業や縮小していく業界がある一方で、次の時代を切り開いてきた産業は多くの雇用を生み出してきました。

この記事を執筆している2015年は、IT業界や介護業界、物流業界などは、深刻な人材不足の状態です。

そして、そんな企業や業界では、これまで長期化して苦戦した転職活動が驚くほどスムーズに進むことは決して珍しいことではありません。

「これまで経験したことのない業界だから・・・」「あまり知らない会社だから・・」などの意見もあるかもしれませんが、転職活動の長期化を避けたいのであれば、偏見や先入観などは捨てた方がいいでしょう。

人材を必要としている業界や会社では、これまでのキャリアが予想外に評価してもらえて、想像もつかない恵まれた待遇で迎えられるといったことも少なくありません。

転職活動をスムーズに進めるためには、転職先の範囲を広げるといった視点も非常に重要になってきます。

契約社員や派遣社員として潜り込む

もし、どうしても進みたい業界やキャリアを積みたい企業があって、ただ、正社員での入社が難しい場合は、契約社員や派遣社員として、その業界に潜り込むという方法もあります。

実際に日本の従業員に占める正社員比率がどんどん低下しているというのは、もはや周知の事実です。

そして、その業界で実績と努力を積み重ねることができれば、正社員へと進むことも十分可能です。

なぜなら、日本の雇用制度は、解雇に対する法規制が厳しいため、多くの企業は正社員を雇用するリスクに非常に敏感になっているからです。

つまり、企業側は右肩上がりの経済成長が期待できない今、どんな人か分からない人を正社員にして、雇用し続けなければならないというリスクは取りたくないということです。

そういう背景があるからこそ、契約社員や派遣社員で潜り込み、結果を出すことができれば、正社員で採用される道が開けているのです。

実際に筆者は上場企業数社で、非正規社員としての実績が買われ、その後、正社員として雇用されたケースを何度も見てきました。

転職エージェントや転職サイトも複数利用する

転職活動の長期化を避ける上で重要になってくる要素として、どれだけ効率的に転職活動を行えるかということがあります。

そして、そのためには、転職エージェントや転職サイトの複数利用は、予想以上に威力を発揮します。

大手の転職エージェントや転職サイトはもちろん、ある特定の業界に強みを持った転職エージェントや転職サイトも、積極的に使うことをおすすめします。

特定の業界に強みのある転職エージェントや転職サイトは、独自のルートでそうした企業の経営陣と繋がっていることも多く、そうした求人案件のほとんどが、非公開案件で表に出てきません。

つまり、そうした特定の業界に強みのある転職エージェントや転職サイトに登録していない限り、知ることも応募することもできないのです。

転職活動の長期化を避けるためには、情報に対して積極的かつ俊敏に動いていく必要があります。

転職エージェント人気ランキング

東証一部上場企業からベンチャー企業まで数社に転職。

過去、1回の転職活動につき、登録した転職エージェントは少なくとも3~5社、それでも簡単に決まった転職活動は一度もありませんでした。

これまでの転職活動が失敗しなかった理由は、転職エージェント各社が抱えている独占案件でした。

 会社名特徴
1リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
2DODA知名度・実績は業界トップクラス
5レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
4転職サイト@type年収アップの転職に強み
13ものづくりエンジニアものづくりエンジニア転職"No.1"
3JAC リクルートメント外資系からエンジニア、ハイスペック求人に強い
12アクシスコンサルティングコンサルティング業界に強いパイプ
9パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
10Switch.Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト
6ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
7マイコミエージェントITブランド力で非公開求人を多数抱える
15アデコ中小企業から大企業まで
11WANTEDLY運命のチームやシゴトに出会える?!
14paizaIT/WEBエンジニア、プログラマ求人に特化

スポンサーリンク