トップページ > 転職・キャリアチェンジ > 勤続10年の会社から転職すると有利って本当?仕事をやめる前に知っておきたい採用者の本音と注意点
     

勤続10年の会社から転職すると有利って本当?仕事をやめる前に知っておきたい採用者の本音と注意点

勤続10年というだけで立派なキャリアだから転職するには有利だよ!

10年一つの会社で勤めるのは、短い間に何度も転職している人よりは高く評価されるよ

一つの会社で約「10年」のキャリアを積み重ねてくると、転職についてこんな言葉を耳にしたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、上場企業やベンチャー企業の中途採用担当の責任者として働いてきた筆者からすると、実際には一つの企業で10年勤務したことが必ずしも有利とは言い切れません

そこで、今回は「勤続10年の会社から転職すると有利って本当?仕事をやめる前に知っておきたい採用者の本音と注意点」と題して、勤続10年前後の転職について考えてみたいと思います。

早速見ていきましょう。

新卒で入社した会社で勤続10年からの転職が有利なのは確か

まず、そもそもなぜ、「勤続10年目が有利」とささやかれるのか?いう理由について、ざっくりと見てみたいと思います。

イメージを交えながら、ご覧ください。

下のイメージは、転職者を採用した側が中途採用をする場合に、どんな点を評価しているかということを図にしたものになります。

中途採用の転職者が様々なポイントで評価されていることがお判りいただけるかと思います。

そして、上のイメージのような”表向き”のスコアに加えて、他でもない採用担当の「本音」として、中途採用した転職者にすぐに辞めてもらっては困るという要素があるのです。

それが、「採用コスト」と「採用担当としての責任」です。

〇高い採用コストをかけて採用した転職者がすぐに辞めると会社側は大損

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、中途採用の転職者を採用するまでに企業側は、採用のための広告費、採用時の成果報酬(ヘッドハンティングなどを利用した場合)、そして採用にあたっての支度金(デスクや業務用品の準備)や実績が上がるまでの給料など、中途採用の転職者が売上に貢献してくれるまでに、数十万円~数百万円単位で”先に”お金がでていってしまのです。

つまり、せっかく大金をかけて採用した転職者がすぐにやめてしまうと、会社側からすると大きな損失を生み出すことになるというわけです。

そうした背景もあり、採用する側としては、「本当に、この人はすぐにやめたりしないか?」というのは、非常に重要なポイントになっています。

〇採用担当しての責任

これは筆者が採用担当の責任者をしていて、過去に何度も味わいましたが、中途採用の転職者が入社して半年や1年未満で辞めたりすると、人事部や採用担当者は責任を追及されることが少なくありません。

なぜ、あんな人物を採用したんだ?

そうした責任を追及されることが重なると、採用担当としては「この人は長く勤務してくれるだろうか?」というのは、否が応でも、大切なポイントになってきます。

〇新卒から勤続10年という実績を積んだ後の転職が有利な理由

「前の会社(新卒入社)で10年勤務していたという人なら、ウチの会社でもきっと長く勤めてくれるはず!」

30歳前後という若さに加えて、「勤続10年」というキャリアは先ほどの採用コストと採用担当としての責任の2つから考えてみても、採用担当にとって、かなり心強く、非常に高く評価されるポイントになるのは、容易にご理解いただけるかと思います。

逆に考えれば、転職する側としては「若さ」と「長く働きたいという意欲」をアピールすることは、採用面でかなり有利に働くということになります。

しかし、「勤続10年なら、誰でも有利か?」というと決してそんなことはありませんので、どんなケースだと有利ではないのかということを見ていきたいと思います。

約10年、会社にしがみついてきただけのような人

一口に「10年」と言いましても、その10年間で何をしてきたのかということがはっきりしない人は必ずしも有利とは言えません。

例えば、筆者が良く目にした採用見送りのケースとして、「ルートセールス」と呼ばれる営業職の人たちが挙げられます。

(※ご存知のない方に説明しますと、ルートセールスというのは、予め契約を結んでいる会社のお客様のところに定期的に足を運ぶという営業職。業界によってはかなり”ラク”な会社があったりします。)

ルートセールスの仕事は、会社によって求められるレベルが極端に違いまして、中には非常に”ユルイ”会社があり、のんきに過ごしていたら10年経っていたという場合があります。

そんな人が何かのきっかけで、いざ転職をしようと思っても同業界以外では、かなり厳しいのが現状です。

ルートセールスの中にも、素晴らしい実績を挙げられている方もいらっしゃいますが、10年ぐらい会社にしがみついてきただけのような人は、有利とは言えません。

単純に前職に飽きた?転職の理由がイマイチな人

転職するきっかけは人それぞれですが、10年前後を節目として新しいチャレンジのために転職をという人もします。

それはそれでもっともだと筆者は思いますが、転職理由に堂々と「自分のキャリアアップのため」なんて理由を書いてるだけだと有利とは言えません。

なぜなら、採用担当としては「この人はウチの会社で戦力になってくれるかどうか?」という点を見ているのであり、会社をキャリアアップの道具として使ってほしいとは望んでいないからです。

新卒や第2新卒であれば、そうした”若さ”ゆえの志望理由などもポテンシャルを評価して、目をつむってくれるかもしれませんが、社会人になって少なくとも10年以上経過している人が、「自分のキャリアアップのため」というのは、マイナスでしかありません。

採用担当に「前職に飽きたから?」なんて勘繰られてしまわないように、転職する理由はしっかりと熟考したいところです。

10年働きすぎて、燃え尽きてしまっている人

また10年以上の間、働きすぎのせいか心身ともに燃え尽きているような人も、採用見送りがしばしば見られました。

実績などは申し分なさそうでも、面接などで生気が感じられなかったり、魂が抜けたような受け答えしかできないほど消耗しきっている人は、転職活動をする前にまずはしっかりと休養をとることをおすすめします。

採用担当者が健康で即戦力になってくれる転職者を求めているのは、どこの会社も変わりませんので、転職活動前には、体調管理はしっかりとしておきましょう。

まとめ

「勤続10年の会社から転職すると有利って本当?仕事をやめる前に知っておきたい採用者の本音と注意点」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

上場企業や中小企業、ベンチャー企業で長年、採用担当をつとめてきた筆者の本音を交えたことで、より10年前後の転職のリアルさを感じ取っていただけたのではないかと思います。

今回の記事が読者の方の参考になれば幸いです!

転職という「選択肢」を手に入れたい人へ

有効求人倍率があのバブル期を超えて、44年ぶりの過去最高水準に達した2018年12月の転職マーケット。

人手不足を背景に、好条件・好待遇のスカウトを受け取ったり、自分がやりたかった仕事・夢だった職種に転職する人も続出中。

- 絶好のチャンスを見逃さない方法 -はきわめて簡単。

複数の転職エージェントに無料登録して、あとはメールで良さそうな案件が届くのを待つだけ。

今すぐ転職という「選択肢」を手に入れよう。

登録必須の転職サイト・エージェントは下記からどうぞ。

会社名特徴
リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
DODA知名度・実績は業界トップクラス
レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
リクルートキャリアフリーター、既卒、第二新卒の就職を支援
パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
転職サイト@type年収アップの転職に強み

スポンサーリンク