トップページ > 転職・キャリアチェンジ > 転職を考えていることが申し訳ない気持ちと自分のキャリアについて
     

転職を考えていることが申し訳ない気持ちと自分のキャリアについて

実は今、転職を考えているんだけど…社内の状況を見ると申し訳なくて…

転職したいと思うが、上司や部下の皆に迷惑がかかりそうで、行動をなかなか起こせない…

現在、転職を考えている人の中にはこんな風に今いる会社のことを思うあまり、なかなか踏ん切りがつかないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は筆者も新卒で入社した会社には約8年ほどお世話になったのですが、会社への思い入れやお世話になった人々への思いが募り、転職を決断するまでにはかなりの時間を必要としました。

そこで今回は、筆者がどんな風に申し訳ないという気持ちを抱き、そして、どのように転職をするに至るのかをまとめてみました。

今、かつての筆者と同じような気持ちで悩んでいるという方に参考にしていただければと思い、筆を取りました。

早速見ていきましょう。

仕事を教えてくれた人やお世話になった人への感謝の気持ち

筆者が新卒で入社した会社は、労働時間こそやや長いものの、給料や福利厚生、人間関係、仕事内容と、どれをとっても非常に満足度が高く、いくつかの会社を渡り歩いた今振り返ってみても、とても素晴らしい会社だったと思います。

その中でも、特に筆者が充足感を感じていたのは「人間関係」でした。

人望が熱くマネジメント能力に優れた上司、実直で柔軟性に富んだ部下、献身的でユーモアに溢れた同僚たちなどなど、魅力たっぷりの人たちばかりで、毎日彼らと顔を合わせ、熱心に仕事に取り組むことができたのは、本当に幸運でした。

しかし数年後、そんな恵まれた環境から一転、筆者の心に転職をちらつかせるきっかけとなることが起こります。

そのきっかけと言うのは、筆者がソリの合わなかった上司(創業者一族の息子)が昇進し、事実上、部門のトップになり大幅に社内の雰囲気が変わってしまったことです。

実際には、変わってしまったというよりも“変わり果ててしまった“と言うほどの劇的な変化でした。

それまでは会社の業績-数字-には、悪く言えば甘く、良く言えば”寛容”だったのですが、その上司が部門のトップに就任してからは数字に対する責任が厳しく求められるようになり、コストカットと称してあらゆる業務に大きな影響が出たのです。

その結果、従業員の満足度が高かった給与や福利厚生、仕事内容は見直しを余儀なくされ、それに伴って社内の雰囲気は非常に殺伐とし、人間関係にまで歪みが生まれ始めていきました。

中には早々に転職先を決めて転職してしまう人も出てくる始末でした。

また抜けた人の代わりに新しい中途採用者が続々と入社してきたことも変化に拍車をかけ、社内は離職者と中途入社が目まぐるしく入れ替わる会社でありがちな混沌とした状況が日常化するという状態に・・・。

そんな中、筆者をはじめ、以前からのスタッフは、急激な変化への戸惑いとこの先どうなってしまうんだろうという不安を抱えながらも、必死に業務に取り組んでいましたが、不運なことにその上司の経営合理化は実らず、景気後退の波に飲み込まれ、売り上げは下落、顔なじみのスタッフが1人、また1人、会社を去っていきます。

その頃には筆者も転職を真剣に検討し始めていましたが、長年、苦楽を共にし、厚い信頼で結ばれていたスタッフたちへの感謝してもしきれない気持から、転職することを“裏切り“のようだと感じ、どうしても踏み出すことができませんでした・・。

自分が辞めるといろいろな形で迷惑をかけると思うと申し訳ない気が・・

筆者が転職を躊躇する理由は、長年一緒に働いてきた人たちへの感謝の気持ちだけではありませんでした。

筆者はその会社に新卒で入社後、ジョブローテーションのような形で様々な部署に配置された結果、社内、社外に多くの人脈を形成することができました。

その人脈は、筆者のその会社での仕事や、そして数社を渡り歩いた今も多大な成果をもたらしてくれましたが、一方で筆者の転職活動を遅らせる要因の1つとなっていました。

なぜなら、自分が関わっている仕事から自分が抜けてしまうと、かなり多くの人に迷惑をかけるのでは・・と心配していたからです。

今から考えれば、若気の至り-平たく言えば思い上がり-に過ぎないのですが、当時の筆者はカオスのような社内の中で、自分の居場所を探そうと必死だったのかもしれません。

とは言え、当時会社の中堅社員で現場に深く関与していた筆者が抜けるとなると、相応の迷惑がかかるのは明白だったため、“申し訳ない“という気持ちから転職に慎重にならざるを得るませんでした。

自分1人の力ではどうしようもないと感じる組織のしがらみや企業風土に失望

転職を考えながらも踏み切れずにいる筆者が次に考えたのは、今いる会社を「変革」するという無謀な試みでした。

昔のような会社にしたい。そうすれば、転職をしなくても済む。

しかし、一介の中堅社員にすぎない筆者が一度、大きく動き始めた会社を再び元に戻せるはずがありません。

経営合理化を推進中の上司に対して、様々な提案をしたところ、むしろ、社内改革の”反対分子”とみなされてしまう有り様でした。

筆者の味方をしてくれる人も少なからずいましたが、自分を雇ってくれている組織に対して明確に反対の意思表示をするのは自分の首を絞めることに直結しますので、表立って筆者に堂々と賛同するというわけにはそう簡単にはいきません・・。

そうした人たちの気持ちを考えると、自分の無力さを痛感する一方で、組織内でのしがらみや、新たに生まれようとしている企業風土を前に自分の貴重な時間を費やすのは途方もなく無謀なことのようにも感じました。

今振り返れば、筆者が転職を本気で決意したのは、このタイミングだった気がします。

自分の人生は自分で切り開くしかない・・

組織に恵まれ、組織に育てられ、組織に甘え、組織に対峙し、組織に失望させられた筆者が出した結論はもはや「転職」しかありませんでした。

サラリーマンやサラリーウーマンは良くも悪くも組織の”論理”で生かされる存在です。

だからこそ、自分がその組織で生き抜いていけるかどうかは、自分のキャリアにとって非常に重要な問題です。

そしてそれと同じくらい重要なのが、転職をするタイミングです。

感謝や未練の気持ちから出遅れた筆者の転職でしたが、それでも年齢がまだ若かったこと、そのときの景気がよかったこともあり、幸運にも転職活動は比較的スムーズに進みました。

しかし、その会社に残り、筆者よりもたった1年、2年遅く転職活動を始めた人は、不運なことに、同時期に競合する大企業で大きなリストラがあったことから、転職志望者が溢れ、かなり苦戦を強いられたと聞きました・・。

結果論と言えば結果論なのですが、それも含めて自分の人生は自分で切り開いていく他ありません。

まとめ

「転職を考えていることが申し訳ない気持ちと自分のキャリアについて」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後に余談になりますが、これまで数社を渡り歩いてきたことから、「転職すると、申し訳ない気持ちはどうなったの?」と聞かれることがあります。

筆者の答えとしては、組織はそれでも”何とか回る”ので、過剰に申し訳なく感じる必要はないということです。

実際に筆者が辞めた会社は、いずれも紆余曲折ありましたが、今も会社は存続しています。(ただ、筆者がいた部署がなくなったりはしています。)

むしろ、筆者は自分のキャリアを真剣に検討して、どこの会社や組織でも生き残っていけるような経験、スキル、人脈、信頼などを積み上げていくことの方が、よほど重要だと思います。

そして、退職に際して誠実にそれまでに勤めた会社に向きあい、感謝の意を伝えれば、その中で一緒に働いた人たちは、その後は、素晴らしい友人になったり、仕事で繋がったりすることもありますので・・。

今回の記事が少しでも参考になれば、幸いです。

転職という「選択肢」を手に入れたい人へ

有効求人倍率があのバブル期を超えて、44年ぶりの過去最高水準に達した2018年10月の転職マーケット。

人手不足を背景に、好条件・好待遇のスカウトを受け取ったり、自分がやりたかった仕事・夢だった職種に転職する人も続出中。

- 絶好のチャンスを見逃さない方法 -はきわめて簡単。

複数の転職エージェントに無料登録して、あとはメールで良さそうな案件が届くのを待つだけ。

今すぐ転職という「選択肢」を手に入れよう。

登録必須の転職サイト・エージェントは下記からどうぞ。

会社名特徴
リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
DODA知名度・実績は業界トップクラス
レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
リクルートキャリアフリーター、既卒、第二新卒の就職を支援
パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
転職サイト@type年収アップの転職に強み

スポンサーリンク