トップページ > 1次面接~最終面接 > 転職活動の面接で着るスーツ(服装)とチェックリストについて

転職活動の面接で着るスーツ(服装)とチェックリストについて

転職活動の面接で着るスーツ(服装)とチェックリストについて

転職活動をするときに頭を悩ますものの一つが面接のときに着ていくスーツやシャツなどの服装ではないでしょうか。

新卒のときの就職活動とは違い、中途面接では、何よりもしっかりと自分を売り込む必要があると同時に、スーツなどの服装を通して、社会人としての礼儀やビジネスマナーも兼ね備えていることをアピールする必要があります。

そこで、今回は転職活動のときに着るスーツと面接前のチェックリストについて説明してみたいと思います。

では、早速、見ていきましょう。

スーツは絶対ではない!面接の服装についての概念は時代や環境で変化する

冒頭でスーツによって、社会人としての礼儀やビジネスマナーが問われると言いましたが、今や当たり前とされているビジネスパーソンにとっての「スーツ」も決して絶対的な存在ではありません。

業種や職種によっても異なりますが、奇麗なスーツを着て身なりをそれなりに整えておけば、大丈夫ということでは決してありません。

かつて、アメリカの大統領ベンジャミン・フランクリンは、1778年から1785年までフランス大使を務めており、アメリカ独立戦争のために、短期間でフランスと同盟を結ぶ必要に迫られたとき、彼は約束を取り付けるために、当時のフランス人の礼儀とファッションを真似ることからはじめました。

顔に白い粉を塗り、フランス人と同じ衣装を身に着け、通勤のためにフランス人のように馬車にまで乗りました。

その結果、フランスはベンジャミン・フランクリンを大いに気に入って、フランスとの同盟は成立、彼はアメリカ独立戦争の立役者となり、大統領にまで上り詰めたのです。

ベンジャミン・フランクリンが取った行動は時代が変わった現代においても、多くのことを示唆しています。

それは、短期間で相手の共感を得て、そして歓迎してもらうためには、相手の会社の文化や社風に敬意をもって接し、そしてそれを模倣し、取り入れることの大切さです。

現代のビジネスパーソンにとって、スーツはもちろん、大事ですが、面接をしてもらう会社のスタッフがどんな服装をしているのかということを観察し、そしてそれにあわせて自分の服装も柔軟に対応していく必要があります。

スーツ着用時のチェックリスト

転職活動で面接対策用として、男性がスーツを着用するときのリストを表にしましたので、参考にしていただければと思います。

基本的に男性と女性、どちらにも同じことが言えると思いますが、ネクタイなどは男性特有のことなので、女性の方は、ネクタイ以外の箇所をチェックしていただければと思います。

なお、女性特有のチェックリストについては、その下にまとめてあります。

 スーツを選ぶときのチェックリスト
1スーツの袖は長すぎないか。あるいは短すぎないか。
2今の自分の体にフィットしているかどうか
3大きなストライプなど派手な柄のスーツは避ける
4肩や背中にホコリやフケがついていないか
5糸がほつれているところはないか
6しわがあったり、スーツの生地が破れているところはないか
7明らかにスーツの賞味期限がすぎてヨレヨレだったり、テカったりしていないか
8スーツの裏地が奇抜な色でないか
9スーツの色に迷ったら、紺色かグレーを選択しよう
10スーツにあわせるネクタイの柄は派手なレジメンタル柄やストライプ柄は避けよう
11スーツに合わせるネクタイの色は2~3色でトラッドな組み合わせを選ぼう
12スーツに合わせるシャツは白シャツ
13スーツに合わせるシャツは、半袖を避けよう
14スーツの中に着るシャツのポケットには何も入れない(ペンやパスケースなど)
15スーツのボトムのポケットや上着のポケットには何も入れない(小銭やスマホなど)
16スーツに合わせるベルトは奇抜なタイプは避ける
17スーツに合わせるベルトの穴がギリギリというのは避ける(穴は最低3つの余裕が欲しい)
18スーツに合わせるベルトは靴の色となるべく合わせる(黒×黒、茶色×茶色など)
19シャツの前立て、ベルトのバックル、ボトムのファスナーを一直線に揃える
20スーツに合わせる時計はトラッドな腕時計を選択しよう
21スーツに合わせる靴は奇抜なタイプは避けよう
22雨の日は防水対策用の靴を履いていく
23新調した靴で靴擦れを起こさないために、新しい靴は馴染ませておこう
24スーツの消臭は必須
25スーツにクリーニング後のタグなどがついていないかチェックしよう

女性特有のチェックリスト

女性特有のチェックリストは、下記になります。

 女性特有のチェックリスト
1肌の露出が多くないか
2流行に流されているのと、ビジネスマナーがあるのは別
3派手なアクセサリーや宝石類は避ける
4ヒールは高すぎるものは避ける
5髪の毛の色、スタイリングなど清潔感を保つ
6爪のお手入れ、間違っても派手なマニキュアは避ける
7メイクに派手さは必要ない
8臭いのきつい香水は避ける
9スマホに派手な装飾をしているなら、見せないようにする
10面接のときに広げる手帳もきらびやかに装飾しているなら見せないようにする

スーツなど外見がもたらす価値はとても高い

転職において重要になるのは、人間の内面である人間性や、これまでのキャリアであり、外見で決められるのは本質的ではないと考える人もいるかもしれませんが、では、採用活動を行っている会社で、たまたまキャリアなどでは甲乙がつけがたい人が並んだ時、最終的に選ばれるのは、どういう人でしょうか?

もし、外見以外の条件で差がないのであれば、外見がいい方を選ぶという人もいるのではないでしょうか。

しかし、現実はそれ以上です。

アメリカの経済学者ダニエル・S・ハマ-メッシュとジェフ・E・ビドルが行った研究によれば、容姿のいい人はそうでない人に比べて雇用と昇進の機会が多く、平均収入が10から15パーセントも多いのです。

つまり、容姿などの外見だけでも優位に立てる可能性があるということです。

この場合の容姿というのは、生まれ持った顔やスタイルだけを指しているのではなく、どちらかというと、身なりや服装なども含めてということになります。

自分の内面やキャリアを磨くことはもちろん大切ですが、外見がもたらす価値の高さも決して軽視してはいけないということになります。

転職という「選択肢」を手に入れたい人へ

求人倍率があのバブル期を超えて、過去最高に達した2017年11月の転職マーケット。

人手不足を背景に、好条件・好待遇のスカウトを受け取ったり、自分がやりたかった仕事・夢だった職種に転職する人も続出中。

- 絶好のチャンスを見逃さない方法 -はきわめて簡単。

複数の転職エージェントに無料登録して、あとはメールで良さそうな案件が届くのを待つだけ。

今すぐ転職という「選択肢」を手に入れよう。

登録必須の転職サイト・エージェントは下記からどうぞ。

会社名特徴
リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
DODA知名度・実績は業界トップクラス
レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
転職サイト@type年収アップの転職に強み
リクルートキャリアフリーター、既卒、第二新卒の就職を支援
パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
WEBキャンプ・プロ転職・就職保証付きプログラミング教室

スポンサーリンク