トップページ > ビジネス > ビジネスメールで打ち合わせ後のお礼をするときの例文まとめ

ビジネスメールで打ち合わせ後のお礼をするときの例文まとめ

クライアントや取引先との打ち合わせ後にお礼をする際の例文のまとめになります。 コピー&ペーストでご自由にお使いください。

クライアントとはじめての打ち合わせをした後の御礼のビジネスメールの文例

To:相手(担当者)のメールアドレス

cc:社内外の関係者全員(打ち合わせの同席者、進捗を報告する必要のある社内スタッフ)のメールアドレス、メーリングリストのアドレス


件名:【株式会社△△(自社名)】打ち合わせのお礼

株式会社〇△ 〇〇様

cc:関係各位

この度はお世話になります。 株式会社△△の○○です。

本日は、お忙しいところ、貴重なお時間を頂戴いたしまして、誠にありがとうございました。

本日のお打合せの内容をもとに、弊社にて早急に提案資料を作成致しまして、改めてご案内させて頂きたいと思います。

誠に恐れ入りますが、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。

なお、本日の打ち合わせ内容につきまして何か追加で資料等ございましたら、お手数をおかけ致しますが、お送りいただけますと幸いです。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

<署名>

クライアントと打ち合わせをした後、見積もり依頼を受けたときの御礼のビジネスメールの文例

To:相手(担当者)のメールアドレス

cc:社内外の関係者全員(打ち合わせの同席者、進捗を報告する必要のある社内スタッフ)のメールアドレス、メーリングリストのアドレス


件名:【株式会社△△(自社名)】打ち合わせありがとうございました。

株式会社〇△ 〇〇様 cc:関係各位

この度はお世話になっております。

株式会社△△の○○です。

本日は、ご多忙の折、お打ち合わせの時間を設けて頂きまして、誠にありがとうございました。

是非とも弊社に今回のプロジェクトのサポートをさせて頂ければと思います。

打ち合わせの中でご要望として承りましたお見積もり書の提出につきましては、社内にて早急に作成を進めて参ります。

準備が出来次第、ご連絡差し上げたいと思いますので、誠に恐れ入りますが、今しばらくお待ち頂けますでしょうか。

また、その他、ご不明な点やお気づきの点がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

<署名>

クライアントと打ち合わせをした後の御礼と次回の打ち合わせの日程を調整するビジネスメールの文例

To:相手(担当者)のメールアドレス

cc:社内外の関係者全員(打ち合わせの同席者、進捗を報告する必要のある社内スタッフ)のメールアドレス、メーリングリストのアドレス


件名:【株式会社△△(自社名)】本日の打ち合わせのお礼と次回の打ち合わせ日程につきまして

株式会社〇△ 〇〇様

cc:関係各位

いつも大変お世話になっております。

株式会社△△の○○です。

昨日はお忙しいところ、夜遅くまでのお打ち合わせ、誠にありがとうございました。

早速でございますが、昨日、ご相談頂きました◎◎プロジェクト(仮称)に関しまして、弊社で担当部署に在籍しておりますデザイナー及びエンジニアに内容を説明いたしました。

また上長とも検討を重ねました結果、是非とも今回のプロジェクトにお力添えさせて頂ければと存じます。

そこで、お忙しいところ誠に恐れ入りますが、さらに要件を詳しくお聞かせ頂きたく存じます。(次回は弊社デザイナーおよびエンジニアも同行いたします。)

下記に複数の候補日時を記載いたしましたので、恐れ入りますが、御調整の上、ご希望日時をご返信いただけますでしょうか。

<候補日時>

△月△日(○)午前○時~○時

△月△日(○)午後○時~○時

△月△日(○)終日

いずれの日時も、ご都合が悪い場合は再度、弊社にて調整いたしますので、遠慮なくお申し付けください。

また、その他、ご不明な点やお気づきの点がございましたら、お気軽にご連絡頂けますでしょうか。 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

<署名>

クライアントと打ち合わせをした後の御礼とお断りする場合のビジネスメールの文例

To:相手(担当者)のメールアドレス

cc:社内外の関係者全員(打ち合わせの同席者、進捗を報告する必要のある社内スタッフ)のメールアドレス、メーリングリストのアドレス


件名:【〇△株式会社(自社名)】本日のお礼とお詫び

株式会社△△ 〇〇様

この度はお世話になっております。

〇△株式会社の○○です。

昨日は、ご多忙の折、貴重なお時間を頂戴いたしまして、誠にありがとうございました。

早速、お打合せの際にご相談いただきました内容を社内にて上長及び弊社スタッフと検討を重ねました。

誠に申し訳ございませんが、◎◎プロジェクト(仮称)に関しましては、弊社ではお力添えできそうにないという状況です。

大変興味深いプロジェクトで是非とも何らかの形で協力させて頂きたいと思いましたが、残念ながら、現状では弊社の技術力及びリソースが不足しておりまして、弊社の力不足でございます。

また別の機会がございました際は、お気軽にお声掛けください。 今後ともどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

<署名>

打ち合わせのお礼をメールで返信する際の注意点

〇お礼に加えて次のステップを

できれば、打ち合わせのお礼に加えて、次のステップ(提案、見積もり、再度の打ち合わせなど)を盛り込んだ方が、より効率的にビジネスを進めることができます。

〇メールアドレスを複数入れる場合の順番について

Toやccの使い方は企業によって様々です。歴史の長い大企業などでは、役職の高い人ほど先に入れましょう。そういったことを気にしない企業もありますが、大手企業の場合は細心の注意を払うことをお勧めします。

〇メールは内容によって新しく作りましょう

打ち合わせの調整を他の内容のメールと混同するのはできるだけ避けましょう。毎日、膨大なメールのやり取りをしている方は、件名でそのメールをいつ開くべきかということを判断しています。また、後で検索するときにも分かりやすくするためです。想定されるのは、メールはpcで見て、当日にスマホなどを使って出先で検索する場合などです。

〇件名にはクライアント名や自社の名前などをなるべく入れましょう

これもほぼ、上と同じ理由です。

転職という「選択肢」を手に入れたい人へ

求人倍率があのバブル期を超えて、過去最高に達した2017年11月の転職マーケット。

人手不足を背景に、好条件・好待遇のスカウトを受け取ったり、自分がやりたかった仕事・夢だった職種に転職する人も続出中。

- 絶好のチャンスを見逃さない方法 -はきわめて簡単。

複数の転職エージェントに無料登録して、あとはメールで良さそうな案件が届くのを待つだけ。

今すぐ転職という「選択肢」を手に入れよう。

登録必須の転職サイト・エージェントは下記からどうぞ。

会社名特徴
リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
DODA知名度・実績は業界トップクラス
レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
転職サイト@type年収アップの転職に強み
リクルートキャリアフリーター、既卒、第二新卒の就職を支援
パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
WEBキャンプ・プロ転職・就職保証付きプログラミング教室

スポンサーリンク