トップページ > 就職(フリーター・既卒の就職) > 志望動機の書き方|採用担当者が面接したくなる心理に迫る!

志望動機の書き方|採用担当者が面接したくなる心理に迫る!

laptop-820274_640

営業、人事、マーケティングといった部署で大企業からベンチャー企業を渡り歩き、これまで何百人、何千人のビジネスパーソンの心理をつぶさに見てきた”人間ウォッチャー”の筆者が採用担当者の心理の裏側を徹底解説!

まず、厳然とした現実として、転職や就職では、どんなに素晴らしい人材でも、面接に漕ぎ着けることができなければ、応募した会社に入社することはできません。

そして、書類審査を突破するには、本人のスキルやキャリアなどが重要なことは間違いありませんが、それに加えて、重要なポイントは「なぜ、その会社を志望したのか?」という志望動機です。

志望動機が採用担当者の心理に響かなければ、残念ながら、どれほど素晴らしいスキルやキャリアを持っていても採用担当者は、面接したいとは思いません。

事実、筆者はそういったケースを人事担当者として、それこそ数えきれないほど、目の当たりにしてきました。

つまり、志望動機の書き方とは、究極的には、採用担当者のこと、採用を考えている企業のことを徹底的に考えることでもあるのです。

そこで、今回は志望動機の書き方のスタートラインとして、企業の採用担当者には一体、どういった心理が働いているのかということについて、詳しく見ていきたいと思います。

※なお、本記事では話を分かりやすくするために、都合上、転職者向けの内容になっていますが、新卒の方、アルバイトの方や派遣の方などにも、参考にして頂ける内容になっているかと思います。

では、早速、見てみましょう。

採用担当者も会社の雇用者の一人にすぎない

採用担当者をその会社の社長が兼務しているという会社もありますが、ほとんどの会社では、最初の書類審査を行う採用担当者は、現場に近いスタッフや人事担当者です。

そして、彼・彼女たちにとって、紛れもない事実は彼らは会社の雇用者の一人にすぎないという現実です。

それが意味するところは非常に重く、端的に言えば、採用ミスの責任を経営者から問われるリスクがあるということです。

通常、企業が人を採用するには、かなりのお金と時間、そして手間がかかります。

採用募集の条件決定、採用募集の広告作成、採用担当者の選別、転職支援をしてくれる会社の選択、複数回の面接、転職エージェントへの成果報酬の支払いなど、いわゆる採用コストは企業側にかなりの負担がかかります。

それだけの採用コストをかけて採用した人材が・・

もし失敗だったら・・・?」

最終的な責任はもちろん、最終面接もする経営者や経営幹部になる”はず”なのですが、実際の現場で、人材の採用で度々、ミスが起こっても、コトはそう簡単に運びません。

実は、経営者や経営幹部が度重なる人材採用の失敗の責任を、全部取るということは、まずあり得ません。(人材採用のミスも含めて、業績が悪化してはじめて責任問題が出てきます・・)

では、誰が責任を取るのでしょうか?

答えは、もうお分かりかと思います。

悲しいかな「採用担当者」なのです。

実際に、筆者は新卒や転職の採用担当者が採用ミスを理由に採用担当から外されるというケースをこの目で何度も見てきました。

採用担当者が、一人の雇用者であるという事実は非常に重いと筆者が言及した理由は、まさにこの点にありまして、このような現実を前にすると、採用担当者は、書類審査の段階でどうしても、「ミスを避ける」という心理が働きやすくなってしまうのです。

これは、行動心理学的には「損失回避(参考リンク/wikipedia-Loss aversion-)」という行動に当てはまりまして、仮に採用のメリットが大きいと感じられても、一方でデメリットも大きいと判断されると、書類審査を通過させなくなってしまうのです。

つまり、志望動機の書き方がネットからのコピペだったり、会社のサイトを見て少し感想を述べたような”たぐい”のものだとすると、「採用ミス」を懸念して、書類審査で落としてしまうということになるのです。

では、そうした採用担当者の心理を考慮した上で、採用担当者が面接したくなる志望動機には何が必要なのでしょうか?

採用担当者のリスクを担保するのは採用メリット

採用担当者が、雇用者の一人であり、採用ミスというリスクを抱えながら仕事をしているということを前提にしますと、採用担当者が次に考えることは、書類審査を通すにあたっての”材料”、つまり採用メリットになります。

では、企業が人を採用するにあたって考える、採用メリットとは何でしょうか?

それは、応募してきた転職者をその会社に採用すると、”どんな”メリットがあるのかということです。

企業側が募集をかけている表向きの求人内容では、専門領域に明るい法律の専門家、海外の事業展開に長けたビジネスパーソン、会社の成長を支えてくれる経営幹部といった”麗しい”内容が並びますが、あくまで、それは表向きの内容です。

もちろん、それらの業務に自信のある人は、それだけの採用メリットが打ち出せるので、採用担当者が面接したくなる材料であることは間違いないでしょう。

しかし、採用担当者が自分のリスクを担保してくれる採用メリットとしては、それだけでは足りないのです。

なぜなら、表向きの条件で採用しても、失敗するケースが多々あることを知っているからです。

実際に、日本を代表する企業から転職してきて、キャリアも実績も申し分のない人材が、全然フィットせず、こんなはずでは・・・という思いをしたことのある採用担当者は、筆者も含めて決して少なくありません。

では、他にも採用担当者が”これは”と思う採用メリットには、どんなメリットがあるのでしょうか?

それを考えるためには、採用ミスとその会社で判断されそうな人のことをイメージして、そこから”逆算”して、リスクを担保してあげればいいのです。

例えば、採用担当者が自分のリスクを担保してくれる人材として、好まれやすいのは以下のような人物像です。

〇協調性がありそうな人

〇自社が抱える他の課題も解決してくれる可能性がある人

〇替えがきかないスキルや特殊な能力がある人

仮に、表向きの募集条件である業務内容で”ハズレ”だとしても、この人には、それ以外にこんなセールスポイントがあるのであれば、何かあったとしても、採用ミスを回避できるのではないだろうか?と採用担当者の連想を働かせることができるのです。

つまり、もっと平たい言葉で言い換えますと、セールスポイントが少なくとも”2つ”あれば、採用担当者は採用ミスのリスクをかなり軽減できるのです。

「え、採用メリットを2つ・・・?一つでもアピールするのが大変なのに2つ・・・?そんなの無理だよ・・・」

確かにそう感じるのも無理はないと思います。

しかし、膨大な数の応募者の志望動機を日々、目にしている採用担当者から面接したいと思わせるには、”少なくとも”これぐらいの戦略と努力は必要になります。

もっと言いますと、募集条件とマッチしていて、これだけの戦略と努力を積み重ねても、書類審査を通らないことの方が多いというのが現実だと考えて頂いてもいいかもしれません。

採用担当者にとっては、見たものが全て

最近では、企業の採用担当者は転職者の履歴書や職務経歴書は、PDFなどの電子ファイル(暗号化された)で確認することがほとんどになっています。

便利になった側面がある一方で、紙の場合のようにとりあえず、転職志望者から用意された書類については、一通り目を通すということが少なくなっています。

つまり、転職者や転職支援会社から届いた電子ファイルをパッと開き、採用担当者の心理に響く”何か”がなければ、ファイルが閉じられて、そこで終了となってしまうのです。

例えば、表向きはそれが理由で落とされることは明記されていないものの、履歴書の年齢を見てファイルを閉じる、電子ファイルが手書きで読みにくいという理由でファイルを閉じる、志望動機が抽象的で、ありきたりといった理由でファイルを閉じる、こんな調子です。

では、志望動機でファイルが閉じられてしまう理由とは、一体どこにあるのでしょうか?

それはズバリ、具体性です。

自分がその会社に勤務することを志望する動機を限られたスペース内にまとめようとすると、どうしても抽象的な言葉を並べてしまいたくなります。

筆者が転職を通じて実際に使用していた志望動機をご覧ください。

下の志望動機が、筆者がはじめて転職活動を行ったときの志望動機で、とにかく書類審査で落とされていたものになります。

貴社の「顧客満足、顧客創造」という経営理念に、とても共感を感じました。

私のこれまでの営業としての経験などを活かすことができる機会を是非とも頂きたいと思い、志望致しました。

前職では課長を務めていまして、毎月の目標設定の下、目標達成について励み、反省点を次に生かすことを心がけ、その結果、目標達成できるようになりました。

今後もこの経験をもとに、成長していきたいと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

そして、次が幸運にも厳しい書類審査を突破できたときの志望動機になります。

貴社の自動制御システムの法人クライアントへの展開、また他業種への横展開にも注力されていることに、とても魅力を感じました。

私のこれまでの様々な法人営業経験で培った「法人へのシステム導入のノウハウ」や「課題解決能力」などを活かすことができる機会を是非とも頂きたいと思い、志望致しました。

私が法人営業に従事する過程で行ってきました取引先との交渉や社内スタッフとの連携などの「コミュニケーション能力」と「行動力」、そして、試行錯誤でチームの課題に対応してきた「マネジメント能力」は、きっと貴社のビジネスの成長や収益力の強化に貢献できることと思います。

貴社のこれからの飛躍の一翼を担うべく、これまでの経験とこれからの不断の努力を貴社での業務に惜しみなく注いでいきたいと考えておりますので、是非とも一度面接の機会をいただけないでしょうか。

何卒よろしくお願い申し上げます。

2つをご覧頂けるとお分かり頂けるかと思いますが、最初の志望動機では、抽象的な言葉が羅列しているだけで、具体的に何をしてきたのかすらも文面からは判断できません。

一方、2つ目の志望動機では、かなり具体的なキーワードを盛り込んでいます。

(念のためですが、筆者が厳しい書類審査を突破できたのは、志望動機だけが理由ではなく、職務経歴書や履歴書、そのときの応募条件に偶然マッチしていたこと、景気が良かったという面もかなり影響があったことを補足させて頂きます。)

自分では自分の経験が分かっていても、それを言葉にしないと、採用担当者には伝わることは残念ながら、ありません・・・。

採用担当者にとってみれば、「見たものがすべて」なのです。

まとめ

「志望動機の書き方|採用担当者が面接したくなる心理に迫る!」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

転職活動や就職では、志望動機だけで書類審査が決まるわけでは決してありませんが、書類審査では極めて重要な存在であることは疑う余地がほとんどないかと思います。

今回の記事が、志望動機の書き方に悩んでいる人の参考になれば、幸いです。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

転職エージェント人気ランキング

東証一部上場企業からベンチャー企業まで数社に転職。

過去、1回の転職活動につき、登録した転職エージェントは少なくとも3~5社、それでも簡単に決まった転職活動は一度もありませんでした。

これまでの転職活動が失敗しなかった理由は、転職エージェント各社が抱えている独占案件でした。

会社名特徴
リクルートエージェント業界最大手。IT・Web系も強い
DODA知名度・実績は業界トップクラス
レバレジーズテックIT・Web系の転職では業界屈指の存在感
転職サイト@type年収アップの転職に強み
パソナキャリア歴史・実績ともに申し分なし
BIZREACH(ビズリーチ)年収600万円以上の方であれば必見
JAC リクルートメント外資系からエンジニア、ハイスペック求人に強い
ワークポートIT・エンジニア転職なら外せないエージェント
アクシスコンサルティングコンサルティング業界に強いパイプ
マイコミエージェントITブランド力で非公開求人を多数抱える
アデコ中小企業から大企業まで
WANTEDLY運命のチームやシゴトに出会える?!

スポンサーリンク